住宅/インテリア/文具/映画/ライフハックなど雑記ブログに近いものの、様々な有益情報を提供するメディアを目指しています




76Lubricants ナナロク 多目的 超軽量裏フリースウインターシューズ ガバジー No.76 SN151W 新作入荷

■ご一緒にどうぞパイルソックス■ ■相性抜群!76のウィンターベスト■ ■こんなのもあります。76スノトレ(先芯なし)■ 【ページ製作者が語る商品の魅力!!】  現在、次々と新商品がリリースされており、我々制作班も毎日「撮影」→「編集」→「アップ」の毎日で、現在行っている仕事が「あれ?この商品、なんだっけ??」とド忘れするくらいまだ、撮影も終えていない商品が私の机の周りに現在もドッサリ積んであります。 「え~っと、今日はドレを撮影しようかな~」っておもむろにガサガサ物色していたら、当店靴担当者が「コッチを優先でお願いしま~す!」っていうので「そうは言っても順番だよ。じゃないと当店の為に早く商品を上げてくれた(仕上げてくれた)メーカーさんに失礼でしょ?」って言ったんですが、担当者:「そうですかぁ・・・、ナナロクの注目の冬の新商品なんだけどな~」私:「なぬ?そうなの??そりゃナナロクの新商品って言ったらそりゃ最優先に取りかかるけど?」担当者:「あ、そうですか!それじゃ玄関に届いてますので荷物を開けて撮影を進めてください!」って言い残して、担当者はいなくなってしまいました。。。そこまで言うなら持って来てくれたらイイのに・・・なんてことを思いながらも、玄関にいって早速ナナロクから届いた荷物を開けてみました。すると・・・、 ??何だ、こりゃ?? っていう商品が2色入っていました。一つは眩しいナナロクカラーの代名詞でもある「オレンジ」、そしてもう一つはナナロクのブラックボール・レーベルに、ちなんで「オールブラック」。まぁ今回ばかりは色には全く驚かず、まず私が驚いたのが今まで見たことがない、この独特な スタイルっていうか、フォルム? 、毎回ナナロクのブッ飛んだデザインには脱帽しますが、今回は私(作者)もナナロクとお付き合いして初めて?ではないかと思います。ナナロクに直接電話で聞いちゃいました。「コレって一体、何ですか?」と(笑)。 作業用品に長く関わってきた私も「?」な商品、お客様に正しい情報をお伝えしたいのでいつもは私の知っている事をダァァ~ッと書き連ねるんですが、今回は予備知識全くなし。しいて言えば「なんとなくゴツイ地下足袋??」みたいな知識レベルなので、ナナロクに聞いてみて正解でした!! ナナロクの説明ではどうやら「アウトドア・トレッキングシューズ」を題材として、それをワーク(作業用)にリ・デザインしたようです。 なるほど~。どおりで作業用品には割と知っている商品が多い私も初見なわけです。ってか本当にこの形ってアウトドアであるのかな~。だとしたら、結構アウトドアメーカーさんも「攻めて」ますよね・・・。 ナナロクではこのシューズを「ロング・クロストレイル・ブーツ」と名付けたみたいですが、私的にどうにもこの名前がしっくりハマりません・・・(苦笑)。私はこの靴を初めてみたときから、何故か ナナロク・ガバッと開けて、ジィィーッと閉める超かるッウインターシューズ(笑) っていう妙なネーミングが頭から離れません(笑)。でもこういうんも失礼ですが、我ながら良くできたネーミングだと思います。このネーミングの中に、このシューズの全てがこめられています。ちょっと分かりづらいアイテムなら分かりやすいように見方と呼び方を変えたらイイんです。 【ガバ・ジー・シューズを徹底検証!実は実用性を兼ねたワザアリシューズ!】 ■”ガバッ!”と開いて・・・そうです。この商品の最大の特徴だと思います。ジッパーが斜めにシューズの上から下まで繋がっており、ジッパーを開けると 今シーズン当店で品揃えする防寒靴に中でダントツの開口サイズ!! で貴方の足を受け止めます。冬用の作業靴ってドレも開口部が狭く作られている(厚みがあったり、インナーソックスが内蔵されていたり)ので、実は脱ぎ履きが非常に大変なんです。 その点、この商品は開口が広いので足がスポッとスムーズに収まります。これは朝の出勤時など玄関先で一分一秒を争う場面(それは私だけか・・・)では大きなメリットです。 ■ジィィーッと閉める・・・これはもうお分かりですよね。そう斜めに走っているジッパーを上げる時の音です。例えばこのシューズの丈を見ると確かにロング丈。仮にこれが「紐」で固定するタイプなら・・・、面倒臭がりの私ではそう考えただけで具合が悪くなってしまいます。ではマジックではどうでしょう、確かにヒモほどではありませんが、それでも有る程度の時間は掛かってしまうと思います。でもジッパーなら、1秒もかかりません。忙しい時間帯の1秒、1分をいかに有効的な事に使うかが大事です。朝屈んで靴ヒモを結ぶ時間、マジックを留める時間が惜しければ、そんな貴方は明日からこのシューズで悩みの大部分は解決されます。 ■超かるッ・・・ この軽さは当店の今シーズン取り扱う防寒靴でダントツだと思います。ズバリ460g!! これってもはや防寒靴の重さじゃないです。ちなみに当店冬の顔である大人気防寒長靴「スターマリン」は1,400g(驚)。この軽さを実現した秘密はボディがメッシュで出来ており、インナーは保温性の高いフリースで作られています。その上、靴底を成型する材質は軽さがウリのEVAを使用して、靴全体の重さをギリギリまで減量しています。防寒靴として驚異的な軽さを実現している当商品は、きっと一日の終わりに周囲の同僚さんと比較して決定的な疲れの差として出てきますね☆ ■シューズ・・・ナナロクが設定した名称は「ブーツ」ですが、私はこれをブーツと呼ぶには多少抵抗があります。どちらかというと、持ち前の軽さと靴底の形状からこれは「スニーカー」から派生した「シューズ」だと思います。・・・ま、どっちでもイイですが(笑)。 どうです?これで貴方も今日からガバジーシューズの虜です。最初は「何だ?これは??」と思っていましたが、いろいろと調べていくうちに、 (1)毎朝玄関で靴を履くのにモタモタするのが嫌だ!っていう時は金なり!な人。 (2)毎日のお仕事がハードすぎて、今ご使用の靴でも足の疲れがハンパじゃない人。 (3)とはいえ、足が寒くて何とかしたい人。 にはピッタリの一足です。別に仕事の括りやオススメの職種なんかもありません。上記3条項にあてはまるお客様がいらっしゃれば”即買い”だと思います。なんて言ってもこの靴の持ち味は軽さですから、これだけも魅力満点です。 ちなみに、何故こんなにロング丈なのかというと、足元を寒さからガードするには「スネ」まで覆うのが一番です。ですから、防寒の靴下なんかはロング丈が多いのはこの理由からです。ですから、このシューズでより高い効果を見込むなら靴下もロング丈にするのがオススメです。 最後にこの風変わりなシューズを実際に履いてみました!! 身長:178cm、ウエスト:82cm、体重:71kg、普段履くスニーカーのサイズ:25.5cm(Nike26.5cm) の私が履いてみたところ・・・、 通常厚の靴下で25.0cmでピッタリ☆ でした!!このソールが結構大きな作りでワイズ(WIDTH)=靴の幅もEEEとEEEEの間くらいです。かなりゆったりしていますのでスポーツシューズを履いた時のような圧迫感は全く感じません。履いてみて改めて思いますが、やっぱり軽いです。これだとどうしても重くなりがちな防寒グッズで身を固めても足だけは楽になりそうです☆ 76Lubricants ナナロク 多目的 超軽量裏フリースウインターシューズ ガバジー No.76 SN151W 新作入荷

76Lubricants '10防寒ショート長靴 No.76 RB101B 最新作,人気

 今年(2010年)も登場!探してもなかなか見つからない、ナナロクの作業用防寒長靴が発売になりました!  「どうせ汚れるから、デザイン・ブランドなんか何でもいいよ!」っていうお客様、ナナロク長靴はデザインもさることながら耐久性も持ち合わせている”優等生長靴”なんです!!  実はこの季節にしか発売されない特徴が・・・。実はこの長靴、「先芯が入っていない」んです。つまり、安全長靴ではありません。今まで、ほしいなぁ・・と思っていらっしゃったお客様も”先芯入り”という事でどこか遠慮していた方も多いと思いますが、そういう点ではこの長靴、より幅広い層にご使用していただくことが可能です。お仕事にはもちろんの事、釣りなどの趣味に、アウトドアに、マリンスポーツにもデザイン上、ぴったりです!!  また、この丈を見てください。普通の長靴よりも短く作られており、そのメリットはズバリ、「脱ぎやすくて、履きやすい」という点。「そもそも長靴は長すぎる」とのお客様のご意見を反映した結果、この絶妙な丈の長靴が誕生しました!  今回は防寒仕様ということで、内部には5mmのウレタンスポンジ付き。バリバリの作業用防寒長靴よりは多少スペックが落ちますが、そもそもそんなに寒くならない所での作業や地域に、また軽~い気持ちで履くのであれば、コレくらい軽量であった方が都合が良い場合もあります。  数量限定発売なので、なくなってしまったらこのカラーリングは終了となってしまいます!当店ナナロクフリークのお客様、この機会に今年は 「上から下までナナロク三昧☆」 に挑戦してみませんか? ブランドお取り扱い先76Lubricants価格3990円発売日発売中 76Lubricants '10防寒ショート長靴 No.76 RB101B 最新作,人気

Sun3San サンサンサン 2013年モデル携帯長靴ファームブーツ 田植長 FB2013 1 * メンズ レディース おしゃれ ガーデニング 長靴 農作 レインブーツ 夏フェス パッカブルブーツ* 最新作,人気

→防寒タイプが登場!! 【仕様】 素材:ゴム(2mm厚) 裏生地:メリヤス(1mm厚) バンド:ナイロン 平ゴム:付属(素材:ゴム) 【用途】 メンズ レディース 両対応 アウトドア ガーデニング 農作業 パッカブルブーツ(持ち運び長靴) 発売予定日 発売中 掲載日 掲載中 ■田んぼや畑、整備されていない地面の強敵は、この靴底でノックアウト!! 雪解けもどんどん進み、これからますます春が近づく季節・・・。今年の当店は例年になく 長靴が豊作!! 、今回も業種と機能をぎゅ~っと絞り込んだお勧め長靴のご紹介です。  当店の畑・農場で働くお客様を「作業用品の観点」からサポートする目的で作られたブランド「Sun3San(サンサンサン)」から、畑美人の待ちに待った ファームブーツ2013年限定モデル のご紹介。「え?ファームブーツって何?」と、農業を営んでいるお客様にも「??」な名称かもしれません。平たく言ってしまうと 農業長・田植え長 とお伝えすると分かりやすいかも。正直、今まで作業用品専門店である当店は、お客様のご要望にお応えしていろいろな長靴を作ってきましたが、この「農業長」に挑戦するのは初めてでした!!農業長って単に「一般的な長靴よりも長い長靴」と思われてしまいがちなんですが、実はいろいろと考え抜かれた逸品であり、 一般の長靴の代用を農業長で対応するのは可能だが、農業長の代用を一般長靴で代用するのは不可能 といわれるほど、その性質に違いがあったのです。 【ココが決定的に違う!!農業長と一般長靴!!】 (1)形   ・・・パッと見た目「長いだけでしょ」と思われますが、実は長靴の命ともいえる「筒」が農業長の方が「細い」んです。理由は簡単。「筒が太いと、上から異物が入り込むから」です。「それは一般長靴でも同じでしょ!」と思いますが、田んぼや畑では地面がぬかるんでいる為、異物の混入も多いんですね。一般作業長靴の作業シーンは、結構整地された地面が多いですから、筒に余裕を持たせて「通気性の改善=ムレ防止」を行っている長靴がほとんどです。 (2)履き心地・・・これも一般長靴とは雲泥の差。農業長・田植え長と呼ばれる長靴は一般長靴よりも長く、柔らかく、そして軽いというのが特徴。この3拍子が揃うと、格段に「フィット感が向上」します。実は畑や田んぼ、農園、農場はほとんど地面が整地されておらず、「泥や土」です。雨の日などは多くの水分を地面に含むため、歩くたびに「ズボッ、ズボッ!」と足が埋まります。フィット感がないと、そのたびに「長靴が脱げてしまう」んですね。それでは仕事にならないので、筒を細めて、ゴムを柔らかく、軽くすることでフィット感を高めています。 (3)靴底  ・・・前述通り、農業長の活躍場所は、整地されていない場所が多くぬかるみが当たり前の環境。そんな中で通常の長靴で使用される「溝の深い」、「カカトが出っ張っている」靴底はNG中のNG。ぬかるみに不必要な「深い溝」は小石を噛み、「カカトがある」とへこんだ箇所に土や泥を溜め込み「靴裏がダンゴ状態」になります。ぬかるみに必要な靴底は、「ぬかるみでも地面の感触が伝わりやすい薄い靴底」と「小石やゴミが溝に噛まない溝が浅くて丸い靴底」、そして「カカトが無い」長靴です。ですから、一般作業(整地された環境)でこの農業長を履くと、「地面が硬い」とはっきり足に伝わってくる長靴です。 どうです??農業の方以外にもひょっとしたら「そうそう!こんな長靴を探していたんだ!」というお客様、意外と多いかもしれませんよね。 今回、オリジナルで製作した際、当店も「フィット感」に着目し、本来のゴム質の柔らかさ&軽さに加えて以下の2点も機能として追加しました!! 【「Sun3San」ファームブーツはこんなにフィット感を大事にします!!】 (1)アジャスター・・・ボディの上部に簡易のアジャスターを配置。爪を起こして引っ張るだけで調節が可能なので、手袋をはめたままで操作できます。細身のお客様にはありがたい機能ですよね☆(マチも付いているので、ガッチリ体型のお客様も安心です) (2)オプションゴムバンド・・・12mm幅の平ゴム×長さ300mmを商品お送りの際、オプションとしてお付けいたします。使い方はお客様次第ですが、大半のお客様は足の甲の部分と土踏まずの部分に「たすきがけ」のようにクロスしてきつく結び、ぬかるみ作業の際の「長靴のすっぽ抜け事件」を未然に防いでいるようです。 (3)限定パステルカラーで気分も春に!・・・何ででしょうね、作業用の長靴ってどれもクロやネイビー、ダークグリーンなどの暗~いカラーのみ。これだとせっかく当店でカラフルで可愛い上着をご購入された畑美人も足元でガッカリ・・・ですよね?!そこで2013年春モデルとして、既存のファームブーツの別色限定カラー「パステルカラー3色」をご用意いたしました☆これでウキウキした春の仕事もはかどること間違いなし!! 最後に、商品スペックと履き心地をご紹介します。まず特筆すべきはこの「柔らかさ」。この柔らかさを生み出すために「質の良いゴムを使用し、薄く」仕上げています。画像をご覧いただくとお分かりになると思いますが、クルクルッと丸めて付属のゴムでキュッと縛ってしまえば、持ち運びに困りません。(縛ったまま、濡れたままの放置はしないでください。ゴム質が劣化します) 履いてみると即実感出来ますが、軽さもお見事。Lサイズ(S相当)で 710g と、これだけの長さがありながらこの軽さは、恐らく「当店一番」でしょうね。 最後に作者である私が実際にこの長靴を履いて見ました。 身長:149cm、普段履くスニーカーのサイズ:23.0cm の私が履いてみたところ・・・、 SSサイズでピッタリ(23.0cm相当) でした。少し余裕があるくらいです。恐らくSサイズでもイケると思いますが、私はSSサイズが良いと思いました。Mサイズは明らかに無いですね。ぶかぶかでした。  本格的な農業長は初めて作ったので、品質は抜群にイイですが、お客様に受け入れてもらえるかどうかは別問題・・・。という部分も踏まえて今回は少な目の生産となりました。サンサンサンらしい、畑や田んぼを明るくするパステルカラーで3色展開。これはもう今年の春から大活躍間違いなしですね!! Sun3San サンサンサン 2013年モデル携帯長靴ファームブーツ 田植長 FB2013 1 * メンズ レディース おしゃれ ガーデニング 長靴 農作 レインブーツ 夏フェス パッカブルブーツ* 最新作,人気

Sun3Sanサンサンサン レディースラバーブーツ S3S ORB1406 2016 WEX 年間 長靴 レディース *レディース おしゃれ 長靴 ブーツ 正規品,高品質

必見、製作者が語るアピールポイント!!   久々当店オリジナルのレディースブランド「Sun 3 San」より本格作業用長靴の発表がありました!!見た目にも、機能性にもこだわり抜いた女性専用のレインブーツを作りました!!「へぇ~、長靴の新作って本当に久々ね。なかなか新作が出ないのって人気ないからだと思っていた」というお客様、 サンサンサンっていうと、全国の農作業をする女性をターゲットにした「畑で・働く・女性専用」というコンセプトで立ち上げたブランド。今まで農帽から靴まで、まさに「頭の先からつま先までをプロデュース」をする総合的なブランドに成長しました。 その中で、トップクラスで商品として誕生させることが難しいのが、「長靴」なんです。中でも作り手である我々を苦しめるのが、「ロット問題(製造数問題)」です。正直長靴は職人による手作業のため一足から作ることが出来ますが、企画の段階で「幾らで発売したい」という構想があって進みます。その価格にするためには、工場側から「では、○○○○○足製造してください」って言われるわけです・・・。 この工場で言われる数量がロットです。このロットよりも少なく作っては「想定価格が高くなり」、多く作ることによって「想定価格よりも低く」することも可能です。 前回は、「全国の畑美人に可愛い長靴を、3,000円前後で発売したい!」という強い気持ちがあり、それを実現するために「非常に大きなロット」をこなすことになりました。この事情が、「その後新作長靴が発表されなかった」大きな要因です。 当店の想いが通じたのか、それらの長靴あどれも大ヒットを記録したんですが、いかんせん「大量に作った」ので消化するまで2年くらいかかっちゃいました(苦笑)。 【さすがサンサンサン!斬新なアイデアは今も健在(笑)】 ■え?これって”オクラ”?・・・今回どちらも足元にマッチしやすいベーシックなカラー2色をご提案。でも気になるのはそのカラーよりも「柄」です。マジマジと見てみると・・・「!!」え?これって野菜のオクラ??と、当店内も騒然(笑)。柄の大部分を占めるのは、驚くべき事に「オクラを輪切りにした」模様です(驚)。これには、ド肝を抜かれましたね。さすがサンサンサン!っていう気持ちと、私(作者)とは遠くかけ離れたズバ抜けたデザインセンスに何もいえない状態が続きました。 今回ご用意された2色ともにこの「オクラ柄」が採用されており、この2色も決してオクラを連想させるカラーじゃない(笑)っていうのも凄いです。 ■快適裏地でいつまでもお仕事可能!・・・ボディの裏全面に配置されたメリヤス(布地)は、どうしてもムレやすい靴内で発生した微量の汗を吸い取り快適に着用できる工夫が施されています。お仕事用となると、一日中履いている事も想定されるため、少しでもムレを感じにくくするためにメリヤス裏を採用しています。 ■どんな悪路でもストレスフリー・・・アグリブーツに採用されている靴底はとてもシンプル。「靴底のコスト、ケチッてるな」っていう事ではなく、靴底は複雑にすればするほど、「小石や泥が詰まりやすい」特性を持っています。この長靴が活躍する場は、どこも整地されていない「悪路(泥・土・ぬかるみ)」を想定しているので、極力靴底に土や泥がくっついて「だま」にならない工夫がされています。  どうです?晴れてても履きたくなる可愛いデザインで、オクラがこんなに輪切りでプリントされているなんて、誰も想像つかないと思います。カラーも個性的な2色をご用意。きっとこの2色なら、雨の日も楽しくなるだろうと思い作りました。  普通の靴屋さんであれば、「可愛い」で終わってしまうところですが、ここからが作業用品店である当店の強み、デザインに加え、機能性と特徴を持たせいましたので、雨の日のお買い物等のカジュアルシーンはもちろんの事、畑仕事やガーデニング、これから農業を頑張ってみようと思っている若い女性(農ギャル)にも作業用の靴として100%持ち味を発揮できるようになっています。 また、靴底は当店の長靴ではお馴染みの「並底」と呼ばれる特殊なソールを使用し、一見滑りそうですが「ぬかるみ」や「砂利道」などでは普通の靴底よりも滑りにくく、尚且つ溝が浅く山ぎりカットなので、小石等が詰まりません。もう靴底を”ダンゴ”にする必要もなくなりました。 また、カジュアルシーンではやはり整備された「アスファルト」がメインとなりますので、持ち前の「靴底の薄さ(平べったさ)」がかえってデメリットになってしまいかも・・・。と思われちゃいがちですが、インソール(内部)にちょっと工夫を施しましたので、まるでカカトがあるかのような軽快なウォーキングを実現しました。詳しくは企業秘密☆なので、詳しくお教えすることは出来ませんがきっと履いてみると「あ~♪なるほど、こうなってるんだ」と思ってもらえると思います。 梅雨は明けましたがまだまだ続く雨の日・・・。これで雨の日も明るくお仕事を頑張れると思うと、「たかが長靴、されど長靴」ですよね!   Sun3Sanサンサンサン レディースラバーブーツ S3S ORB1406 2016 WEX 年間 長靴 レディース *レディース おしゃれ 長靴 ブーツ 正規品,高品質

国産防寒長靴 第一ゴム 防寒フレッシュ 53100034 最新作,人気

 お店(札幌のプロノ)に立っていると、「国産の長靴は無いの?」と良く聞かれます。そうなんです。当店の防寒長靴はほとんどが「輸入品」であるため、いくら機能性・防寒性が高くても「輸入品」というだけで×なんです。。。(悲)  しかし!お値段こそ少々高めになってしまいますが、やっぱり国産の長靴はモノがイイ!!しかし、一貫製造を行っているゴム長靴メーカーって日本の中でもすごく少ないんです。そんな希少なメーカーのうちの1社、北海道小樽市にある「第一ゴム」さんの防寒長靴を今回ご紹介いたします!製版から仕上げまでほとんど手作業に近い工程で職人さんが仕上げる至極の一足は、もはや防寒長靴というよりは「ゴムの芸術品」と呼んだほうがいいかもしれません。  まず、見た目の「ボコボコ」ですが、これはこの靴特有の仕様で「ゴム地」の裏に直接3mmウレタンを縫い付けており、その縫い目が表面のボコボコとなって現れます。しかも!しかもですよ!その「ゴム+ウレタン」にさらに「3mmウレタンスポンジ」を貼り付けており、スポンジ厚だけで「6mm」もあります。ゴム地を厚くして防寒性を高めている長靴ではなく、あくまでスポンジの量を増やしているので見た目以上に全体的に軽いのが特徴です。  価格はちょっと高いですが掲載の折メーカーさんとお話をし、「少しでも多くのお客様に北海道産の長靴を全国のお客様に試していただきたい」という結論から、 「送料無料」 とさせていただき、とてもお気軽にお試しいただける価格設定にいたしました!!  当店でも愛用者が数名おりますが、皆さん「恐ろしい程長持ちする」と口をそろえて言います。な、なんと!最長記録は今も更新中で”7年”みたいです!!もちろん使用状況や環境により前後しますので、一概に「7年は大丈夫」とは言えませんが(笑)、皆さんもギネスを更新してみませんか?? ※在庫不足でご迷惑をお掛けしており大変申し訳ございません。 【販売再開予定】 ネイビー:12/15頃 他カラー:12/下旬 【圧雪と坂の街「小樽」】  小樽といえば「運河」が有名ですが、私たち道民が持っている印象では「冬の小樽は大変」です。札幌並に降り積もる雪が”圧雪(踏み固められる)状態”に変化するのと、”市街地に坂が多く道が狭い”ので車で小樽を攻略するには、かなりの運転テクニックが必要です。  そんな小樽の地で、小樽市民の足を数十年守り抜いてきた第一ゴムのゴム長靴は、「寒くても硬くならず」「疲れを感じさせない軽さ」、「柔らかい靴底」が圧雪に食いつきます。ほとんどが手作業なので全国規模では販売されていない、まさに「知る人ぞ知る」長靴です。北海道はグルメだけが有名じゃありません。”こんなにイイモノがあるんだ!”と実感してもらえる一足です。   国産防寒長靴 第一ゴム 防寒フレッシュ 53100034 最新作,人気

Prono ふぁ~むブーツ 田植長靴パッカブルレインブーツ FB 01 2012 WEX 新作 年間 長靴 * メンズ レディース おしゃれ ガーデニング 長靴 農作 レインブーツ 夏フェス パッカブルブーツ* 正規品,高品質

→■価格も機能も理想形。ノラスタイル製■ →■1歩進んだ高級作業用長靴。長持ち約束。■ →■ちょっと筒太モデル■  当店を取り巻くいわゆる”大人の事情”から市場から消えてなくなってしまった商品がありました。  発売当時、「くるくる丸める長靴。」そんなコンセプトを持つ長靴なんて皆無でまさに「目からウロコ」の長靴で瞬く間に通販市場を席巻し、長い間作業用長靴販売において「絶対王者」として君臨し続けました。  毎年、カラーや仕様を変更し、多くのファーマー(農業従事者)に支持を頂き、また評判を聞きつけた一般使用者のお客様にもたくさんのご好評をいただいておりましたが、アベノミクスによる株価の変動や、対外的なお付き合いの減少からこの絶対王者の繁栄も陰りが見え始め、2014年秋にはもうまともに変える状態ではなくなっていました。  実際に無くなるまでの間、当店も何もしていないという事は無かったんです。いろいろと手を尽くし、またその都度ふぁ~むブーツと同じ流れを汲む類似商品を販売していましたが、どれも本家ふぁ~むブーツを超える事は出来ませんでした。 しかし、遂に成功したんです!!本当に長靴メーカーさんを隅から隅からお話を聞いてもらい、なんとかふぁ~むブーツの復活をお願いしてきましたが、どこも大抵は「想定する売価が低すぎる。そんなんじゃドコも引き受けないんじゃない??」という冷ややかなご返答を頂いていましたが、 たった1社だけ、「うちでやらせてください!」 という心強いご返答を頂きました!!!正直、この時は当店スタッフみんなで「やった~!!!ふぁ~むブーツが復活だ!!!」と盛り上がりました☆ そして、本日ここに発表いたします!! 2014年販売実績:5,000足を記録したふぁ~むブーツが完全復活!! したんです!!まともに買えなくなって2年、恐らく当時ふぁ~むブーツを購入されたお客様も既に他の店舗様で類似品を購入され、実際にお仕事に使っているかもしれません。本当に多くのお客様にご迷惑をお掛けしてしまいました。。。しかしもう類似品を他の店舗様でご購入される必要はありません。何故なら ふぁ~むブーツの本家・本元が復活 するわけですから。 でもそもそも「え?ファームブーツって何?」と、農業を営んでいるお客様にも一般のお客様にも「??」な名称かもしれません。平たく言ってしまうと 農業長・田植え長 とお伝えすると分かりやすいかも。正直、今まで作業用品専門店である当店は、お客様のご要望にお応えしていろいろな長靴を作ってきましたが、当時「農業長」に挑戦するのは初めてでした!!農業長って単に「一般的な長靴よりも長い長靴」と思われてしまいがちなんですが、実はいろいろと考え抜かれた逸品であり、 一般の長靴の代用を農業長で対応するのは可能だが、農業長の代用を一般長靴で代用するのは不可能 といわれるほど、その性質に違いがあったのです。 【ココが決定的に違う!!農業長と一般長靴!!】 (1)形   ・・・パッと見た目「長いだけでしょ」と思われますが、実は長靴の命ともいえる「筒」が農業長の方が「細い」んです。理由は簡単。「筒が太いと、上から異物が入り込むから」です。「それは一般長靴でも同じでしょ!」と思いますが、田んぼや畑では地面がぬかるんでいる為、異物の混入も多いんですね。一般作業長靴の作業シーンは、結構整地された地面が多いですから、筒に余裕を持たせて「通気性の改善=ムレ防止」を行っている長靴がほとんどです。 (2)履き心地・・・これも一般長靴とは雲泥の差。農業長・田植え長と呼ばれる長靴は一般長靴よりも長く、柔らかく、そして軽いというのが特徴。この3拍子が揃うと、格段に「フィット感が向上」します。実は畑や田んぼ、農園、農場はほとんど地面が整地されておらず、「泥や土」です。雨の日などは多くの水分を地面に含むため、歩くたびに「ズボッ、ズボッ!」と足が埋まります。フィット感がないと、そのたびに「長靴が脱げてしまう」んですね。それでは仕事にならないので、筒を細めて、ゴムを柔らかく、軽くすることでフィット感を高めています。 (3)靴底  ・・・前述通り、農業長の活躍場所は、整地されていない場所が多くぬかるみが当たり前の環境。そんな中で通常の長靴で使用される「溝の深い」、「カカトが出っ張っている」靴底はNG中のNG。ぬかるみに不必要な「深い溝」は小石を噛み、「カカトがある」とへこんだ箇所に土や泥を溜め込み「靴裏がダンゴ状態」になります。ぬかるみに必要な靴底は、「ぬかるみでも地面の感触が伝わりやすい薄い靴底」と「小石やゴミが溝に噛まない溝が浅くて丸い靴底」、そして「カカトが無い」長靴です。ですから、一般作業(整地された環境)でこの農業長を履くと、「地面が硬い」とはっきり足に伝わってくる長靴です。 どうです??農業の方以外にもひょっとしたら「そうそう!こんな長靴を探していたんだ!」というお客様、意外と多いかもしれませんよね。 今回、オリジナルで製作した際、当店も「フィット感」に着目し、本来のゴム質の柔らかさ&軽さに加えて以下の2点も機能として追加しました!! 【(新)ふぁ~むブーツはこんなにフィット感を大事にします!!】 (1)オプションゴムバンド・・・12mm幅の平ゴム×長さ300mmを商品お送りの際、オプションとしてお付けいたします。使い方はお客様次第ですが、大半のお客様は足の甲の部分と土踏まずの部分に「たすきがけ」のようにクロスしてきつく結び、ぬかるみ作業の際の「長靴のすっぽ抜け事件」を未然に防いでいるようです。 (2)ご夫婦でいかがですか!・・・農業を営んでいるお客様って家族経営が非常に多いです。「お父さんはこれ、お母さんは・・・、あれ?サイズが無いな」って事もしばしば・・・。こんなにイイ長靴が出来たんで、出来ればご夫婦&2世代間で全部”お揃い”っていうのはいかがですか??全てのお客様に履いてもらいたいので、SS(23cm)から3L(28cm)まで作りました!!ひょっしたらお手伝いのお子さんにもイイかも♪です。 (3)待望の収納袋・・・絶対王者が不在の間に市場に少し変化がありました。類似品がたくさん販売されていたんですが、どれも「収納袋」が付いていて丸めた後に袋に収納できるようになっていました。私的には当時この発想は「無し」(←当然、袋にも製造コストが掛かっており、多くが長靴の製造単価にこの袋代が加味されていた)だったんですが、確かに袋があると携帯に便利ですし、王者が不在の間に 日本全国で多くの天災が発生し、防災グッズとしての需要 も高まっていたので、あえて製造コストを掛けてでも袋は付けようと考えを改めました。 その他、化粧箱で発送していた前スタイルから 紙包装にて発送する事によって袋のコストアップを、化粧箱から紙包装に変更する事によりコストの問題を相殺 しました。また絶対王者とはいえ多くのお客様にお叱りをいただいたポイントも・・・(涙)。それは 前モデルで装備していたサイドベルト なんです。。。 サイドベルトは最終的にキュッと履き口を閉めてくれて便利なんですが、 プラスティック樹脂で出来たベルト部は破損の原因 にもなっていました。正直、毎日ベルトで調節するとは製造当時当店でも想定しておわず、予想以上に破損するベルトが多発したんです。 そこで今回は「壊れる部品であれば最初から付けない」という原理原則主義に則って、 サイドベルトを廃止 としました。見た目はすっきりしましたが、ドコか寂しく見えてしまうのも事実ですが、この長靴に求められることって「見た目がどうの」っていうよりは「長期間、田植長として活躍できるか」がポイントです。 悲しい気持ちはありましたが、お客様をベルトのせいでガッカリさせてしまうわけにもいきません。そう割り切って今回商品化いたしました。 最後に、商品スペックと履き心地をご紹介します。まず特筆すべきはこの「柔らかさ」。この柔らかさを生み出すために「質の良いゴムを使用し、薄く」仕上げています。画像をご覧いただくとお分かりになると思いますが、クルクルッと丸めて付属のゴムでキュッと縛ってしまえば、持ち運びに困りません。(縛ったまま、濡れたままの放置はしないでください。ゴム質が劣化します) 履いてみると即実感出来ますが、軽さもお見事。Lサイズ(26.0cm相当)で 580g と、これだけの長さがありながらこの軽さは、恐らく「当店一番」でしょうね。 最後に作者である私が実際にこの長靴を履いて見ました。 身長:178cm、体重:62kg、普段履くスニーカーのサイズ:25.5cm の私が履いてみたところ・・・、 一番しっくりきたのはLサイズ(26.0cm相当) でした。少し余裕があるくらいです。恐らくMサイズでもイケると思いますが、私はLサイズが良いと思いました。LLサイズは明らかに無いですね。ぶかぶかでした。  既に前回、超・超・超ヒットを記録した商品の復活なので、大ヒットは間違いなし!!田植え長としての機能も、農作業用の長靴としても、または足場の不安定な屋外フェスにももってこい。ご家族のレジャーや、岩場での釣り(カカトが無いので安定します。)、冒頭でご案内したとおり「防災用」としてもご家族分そろえておくのもアリだと思います。 やっと復活した~。2年がかりで肩の荷がすっかり下りた気がします。 ※当商品はフィット感を重視した構造となっておりますので、細身なつくりとなっております。 ゆったりとした履き心地をお好みの場合には大き目サイズをお選びいただくことをお勧めいたします。 Prono ふぁ~むブーツ 田植長靴パッカブルレインブーツ FB 01 2012 WEX 新作 年間 長靴 * メンズ レディース おしゃれ ガーデニング 長靴 農作 レインブーツ 夏フェス パッカブルブーツ* 正規品,高品質

プロノ オリジナル先芯入り安全長靴”スターマリンセーフティ” STMS013 *安全長靴 防寒 先芯入り セーフティブーツ* 最新作,人気

→長靴をアップグレード!暖かさが違います! 発売日発売中掲載日掲載中 必見、製作者が語るアピールポイント!! 完全無欠の防寒長靴スターマリンですが、「幅広」「防寒」「デザイン性」、どれもとっても一級品なはずのスターマリンにも唯一適応できない職種のお客様がいらっしゃいました。 それは作業現場等でつま先に鉄芯が入った”安全靴”を指定されているお客様には、スターマリンがいくらカッコ良くて暖かくても現場から指定されている以上、先芯の入っていない通常のスターマリンでは規約違反になるので、ご使用は控えていただいておりました。 しかし!!「どぉぉぉ~してもスターマリンを現場で履きたい!」そんなお客様に今年も出ました!!「鉄製先芯安全スターマリン」のご紹介です!! 今年の安全スターマリンも、デザインを一新し登場!早速私も手にとって触ってみましたが、イイですね~☆確かにスターマリンのDNAを受け付いでいますね。想像以上のシットリ感と、マット(艶消し)な雰囲気は恐らく初めてのお客様は衝撃を受けるのではないでしょうか。想像以上のシットリ感はボディ生地のゴムに不純物を多く含んでいない大きな証拠であり、マットな雰囲気は市販品の長靴のように光沢感を出す”ニス”を使用していない大きな証拠となっております。 その他、随所に”スターマリン”を彷彿とさせる仕様が隠されており、長靴内部のウレタンスポンジ8mm厚+ゴム厚2mmの極寒断熱仕様、スターマリンの証である5スターソールなど、市販の同価格帯での防寒長靴には見られないスペックがしっかりと踏襲されています。 中敷も内蔵されていますが、年間使用モデルが内蔵となっていますので寒さを軽減させるなら、お手持ちの防寒タイプの中敷に切り替えたほうがよさそうです。 先芯入りのゴム厚防寒長靴ですから重量感もたっぷり。Lサイズを基準として考えると1600g(片足)とさすがに”重さを感じる”モデルとなっていますが、使用者の”安全”と”防寒”を突き詰めて考えた時、必要最低限なスペックを盛り込んだ結果だと思えば、半ば当然かもしれません。 最後に私(作者)が実際に履いてみました!!身長:168cm、体重:58kg、普段履く長靴のサイズ:Mか26.0cmの私が実際に履いてみたところ・・・、Mサイズで問題無し!でした。今日(説明文作成日)は、北海道も寒く、私は厚手の靴下を履いてきましたがそれでもMサイズで問題ありませんでした!!筒の太さが太く、防寒パンツを中に収納しても問題無い太さです。細身の私ですが、履いた時には特に重さは感じませんでしたから、男性のお客様であればほぼ間違いなく作業に支障が出るレベルではないですね。 今年の長靴類は生産・入荷に難航しているのが実情で、予定数通りの入荷が難しくなる可能性が考えられます。その結果、早期欠品もあるかもしれませんので、ご検討のお客様はお早めにご決断をくださいますようお願い申し上げます。 プロノ オリジナル先芯入り安全長靴”スターマリンセーフティ” STMS013 *安全長靴 防寒 先芯入り セーフティブーツ* 最新作,人気

TB 76Lubricants アウトドアキルトブーティ No.76 SN152W 新作入荷

↓同時リリース!UNION76新作シューズ ↓同時リリース!UNION76新作シューズ 今年のナナロク・ウインターシューズはなんと殆どの商品が「同日」に入荷になるという、制作班にとっては地獄のような1日を送ることになりますが、お客様の立場からすると、これ以上「選びやすい」事はありませんよね? 私たちも、「買って損したよ~」とお客様に後悔して欲しくないのでナナロク・ウインターシューズの掲載ラッシュはまさに「マシーン」と化して掲載作業を続けます!! そして、今回ご紹介する商品は・・・、 UNION76 軽量ウインター・ブーティ!! です!!「ぶーてぃ?ブーティって何??」っていうお客様、そりゃそうだろうと思います。あまり「メンズ(紳士用)」の用語としては使用されないワードです。”ブーティ”っていうのはミドル丈(くるぶしのちょっと上)くらいの全高で、大きな特徴としては長靴のように スポッと履ける気軽さ がウリのウインターブーツの俗称です。その多くは「女性用の靴」にこのブーティっていう名称が使われてますが、その形・履き方からブーティと名付けさせていただきました。 ボディ全体を、ポリエステルの リップストップ を使用しており、表面はカサカサしていますが鋭い枝や金属に引っ掛けてしまっても リップストップの縦横無尽に走る格子状の糸が被害を最小限に留めます。 ソール(靴底)は、防水性の高いラバー質と、軽量化を狙ったEVA質のハイブリッドソール。靴底をまじまじと見ると分かりますが、中央部に向かうに連れて山なりに湾曲する靴底は、体重が掛かったときに靴底の側面が体重で押し出され、スキーやスノボのように「エッジが効く」構造になっています。 【一見、地味~なスタイルだが、実は熱い思いで作られました!!傑作ブーティ!!】 ■ダウンジャケット・・・防寒着の代表選手といえば「ダウンジャケット」ですよね?なぜダウンジャケットが重宝されているかというと、やはり「暖かい。期待を裏切らない」からだと思います。では何故、ダウンジャケットが暖かいのか?それはあのモコモコした 厚み と 中綿の量 が大きく関係しています。寒さをシャットダウンするには「外気に触れさせない」工夫が必要です。その外気に触れさせない「厚み」が暖かさを生むんです。 中綿の量が増えれば厚みが増しますが、厚みが増すと冷たい外気をシャットアウトします。そして今度は 体から発する体温熱を裏生地を通して中綿に閉じ込める んです。これが、寒さを遮断し暖かさを生むダウンジャケットの暖かさのメカニズムです。 そのメカニズムをそのまま、靴に転用したのが今回の「ブーティ」です。薄いポリエステルのリップストップストップの生地の裏には中綿を入れてボリュームを増しています。これが外気を遮断する訳です。 ■スタッドレスタイヤ・・・このシューズの靴底はナナロクの得意な「トレッドパターン」を採用していますが、スニーカーで採用されているトレッドパターンとはちょっと勝手が異なります。大きな違いは深い溝と大きなトレッド(ゴツゴツしたパターン)ですが、いわばスニーカーは一般乗用車、このシューズはSUV・オフロード車に見られる大口径のタイヤのようです。 これは北海道の過酷な路面に対応出来る様に「通常のゴムよりも柔らかくて、路面を噛む」靴底にしてあるからです。おや?この構造ってドコかで聞いたことありませんか??そう!!北海道ではストーブの次に必需品!! スタッドレス・タイヤ を同じ役割なんです。 通常よりも柔らかいゴム質なので、北海道以外の地域にお住まいのお客様はアスファルト等、雪ではない通常の路面では靴底の減りが早まる可能性があります。"冬の路面に特価した"ナナロク・ブーティは頼れる存在です。 ■軽量・・・当店で販売する防寒長靴ってどれも「ヘビー級(重量級)」なんです。なんだか重いのが当たり前な風潮になるのが怖いんですが、そりゃそれなりに暖かくて、そして想像以上に軽い方が良いに決まっています。 このブーティは使用上、問題無い箇所(摩擦や磨耗に影響しない)にEVA素材を使用しており、その軽さは皆さん大好きなサンダルメーカー、「ク○ックス」など多くのシューズで軽量化を目的として採用されています。 このシューズもその恩恵を汲み、防寒靴でミドル丈としてはありえない軽さを実現。この軽さなら一日中履いていてもスニーカーとあまり変わらない疲労度です。 どうです??一見、色見は地味ですがかなり考えて作りこまれています。きっと色調を抑えたのも職種や価値観、使用用途に左右されず多くのお客様に履いてもらいたいというナナロクの意思が反映されているのではないかと思います。 とても軽いので年配のお客様の冬用の外出用履きとして、またはスポッと履けてスポッと脱げる手軽さから日々のお散歩用シューズ、縁側でのガーデニング作業、厚い靴下を履けば埠頭での釣りにも最適 です。お仕事では屋外作業がメインの使い道になると思います。 安全靴ではないので指定の無い作業現場、事務所と展示場を行き来する必要がある車屋さんの共用履き、軽くて目立たないデザイン&オシャレなキルティングなので徒歩での通勤や通学にも制服にもスーツにも、普段着にも最適です。 最後に実際に私が履いてみました!!履いてみて真っ先に感じた事は「軽ッ!!!!!」です。測ってみると27.0cm、片足で460gほどでした。これって定番のナナロクの安全靴スニーカーよりもちょっと軽い数値。確かにこれだと長時間履いても足が疲れなさそうです。 身長:178cm、体重:71kg、ウエスト:82cm、普段履いているスニーカーのサイズ:25.5cm(Nike:26.5cm) の私が履いてみると・・・、 26.0cm でピッタリでした!!厚い靴下も1枚なら全然問題ないゆとりです☆是非、皆さんもこの軽さ実感してください☆ TB 76Lubricants アウトドアキルトブーティ No.76 SN152W 新作入荷

'11 スターマリン 安全防寒長靴 STMS 11 発売中 最新作,人気

取り扱い先プロノ価格4500円(送料込み)発売日発売中 ■抜群のゴムの柔らかさは本家スターマリン譲り!! ■もちろん見た目だけではありません。防寒長靴の命ともいえる「内部」をご紹介!! ■■■商品説明文■■■  「スターマリン、欲しいんだけど・・・」というお問い合わせを日々たくさん頂いておりますが、その中でもダントツで多いご質問が スターマリンって安全靴じゃないの? というお客様の声。そうなんです、スターマリンはたくさんのお客様に北海道から発信される防寒長靴の品質の良さを実感していただくため、あえて先芯(鉄芯)は入れずお客様へご提案してまいりました。  しかし、作業現場によっては「安全靴じゃないとダメ!!」という現場もあることは事実・・・。せっかくスターマリンをお気に召していただけたのに、お勧めできない実情がありました・・・。  しか~しっ!!今回、そんな諦めムードのお客様に朗報です!!北海道にある当店の実店舗「プロノ」には、そんなお客様のために 「先芯入りスターマリン」 が在庫として存在しており、この度当店(WEB)でも取り扱いの許可が下りました!許可がおりて私(作者)はソッコーで実店舗へ向かい、今シーズン、初めてお目にかかりました☆  初めて目にした瞬間の第一印象は スターマリンぽくない?堅実なデザインだな と思いました。現在発売されているスターマリンとは明らかに違うデザインです。前述の通り、ちょっと大人しい感じです。ボディ正面には、安全靴と一目で分かる「緑十字マーク」もしっかりとプリント、これなら現場で「ちょっと待て!」とは言われませんね。  見た目は大人しめですが、質感はしっかりとスターマリンしています。 しっとりとした質感にボディ全体にシボ模様のような細かい柄があります。 長年、多くの長靴を触ってきましたが、このしっとりとした質感は、さすが専門店オリジナルだな。って思います。この質感の違いは恐らくお届けになった瞬間にお客様にもお分かりいただけると思います。この質感が硬かったり、変にツヤツヤしていると、途端に「ヒビ割れ」や、「折り切れ(関節部のたわみによる折れ)」が発生してしまいます。恐らく、この長靴は上記の不具合はお届け初期の段階ではまず、起こらないシロモノだということが即座に分かります。  ボディ側面には、ブランドの証「星型」のゴムが貼り付けられスターマリンのロゴもプリント、まさにスターマリンの安全バージョンである証だと思いました。  もう一つの見えない特長、 2mm厚ゴムと、8mm厚ウレタンの防寒内部 は、しっかりとスターマリンのスペックを継承しています。これほどの厚みがあれば、ちょっとやそっとの寒さなんてへっちゃら。持ち前のゴム質の柔らかさも手伝って、まさに 安全靴なのに動き易い という快適な履き心地を実現しました!!  「あれ?ちょっと短くない??」と思ったお客様!!お目が高い!!その通り、この安全スターマリンは既存のスターマリンよりも ちょっと短く 作られています☆安全スターマリンの全長(フード含む)は38cmと既存スターマリンと比べると、その差なんと「1.5cm」!!この差に気がついたお客様、さすが!の一言に尽きますね!!  今年のモデルからデフォルトされた品質をあらわす「5ツ星」を靴底に配したソールは指で押すと簡単に形が変わるほど柔らかく、この柔らかさは減りも早いですが、何より真冬の凍結路面で驚異的なグリップ力を発揮します。当方、北海道では真冬のタイヤとして「スタッドレス」と使用しますが、このスタッドレスの良し悪しが ゴムの柔らかさ なんですね!ゴム質が硬いスタッドレスはどんなに溝が深くても耐滑性能は劣ってしまうんです。まさに科学的にも実証されている柔らかさを保持しています。  今回、ご用意させていただいたのは「イエロー×ブラック」と「ブラック×グレー」の2色。夜間作業が多い方はイエロー、手持ちの防寒服との相性が良い「ブラック」がオールマイティと言えるレベルだと思います。もともとWEB通販用として在庫を確保しておりませんので、実店舗にご迷惑をお掛けするレベルまで販売すると「終了」となってしまいます。まさに早いもの勝ちの安全長靴の登場です!!   これから撮影に入りますが、撮影前に私(作者)が実際に履いてみました!! 身長:178cm、体重:62kg、通常履いている長靴サイズ:26.0cm の私が履いてみたところ・・・、Mサイズ(25.0-25.5)でピッタリでした!!ちなみにMサイズでもまだゆとりがありました。多分、冬場厚地の靴下を履いても、Mサイズで問題無いですね。それと気になった点が一つ。足首あたりのゆとりがかなり気になりました。フィット感を求めるお客様には少し難しいかなと思いました。まぁ、カカトが浮くほどではないので、気にされない方は気にしないかもしれませんが、私は普段フレッシュを履いているためなおさら感じてしまったのかもしれません。※フレッシュは安全靴ではありません・・・。  現在、ヤフーショッピングでは長靴ランキング1位をスターマリンがかなりの期間維持してますが、ひょっとするとスターマリンを倒すのはこの”安全スターマリン”なのかもしれませんね。 '11 スターマリン 安全防寒長靴 STMS 11 発売中 最新作,人気

ウィンターファームブーツ 防寒長靴 FB1302B * メンズ レディース おしゃれ ガーデニング 長靴 防寒 農作 レインブーツ *P=10 最新作,人気

→長靴をアップグレード!暖かさが違います!【仕様】 素材:ゴム(1~2mm厚) 防寒素材:ネオプレン(3mm厚) 裏生地:フリース(1mm厚) バンド:ナイロン 【用途】 メンズ レディース 両対応 アウトドア ガーデニング 農作業 防寒対策 冬用長靴 再入荷予定 2012年11月下旬 掲載日 掲載中 必見、製作者が語るアピールポイント!! 遂に登場いたしました!発売開始から多くのお客様にご好評いただいております『ファームブーツ』(シリーズ累計販売数なんと20,000足以上!!)の特別仕様・防寒モデルが登場です!! 「今までのタイプは秋・冬に履けない」と言うわけではありませんが、「柔らかさ」を実現する為に長靴本体のゴムが薄く作られています。 「せっかくデザイン気に入っているのに・・・冬には寒い・・・」そんなお声をいただきながら、満を持して登場したのが今作、『ウィンターファームブーツ』です。 もう、ここまで来ると「エ○グル」や「ハ○ター」「バ○アー」なんかの有名ブランドレインブーツと区別がつかないレベルでは無いでしょうか(笑)見た目のデザイン性は「そのまま」に秋~冬~春に嬉しい「特別仕様」。その気になる中身に迫ってみます! 【ココが決定的に違う!!従来モデルと特別仕様モデル!!】 (1)保温性 ・・・パッと見た目「同じでしょ」と思われますが、構造自体が根本から違います!通常、長靴を生産するときには「ラスト」と呼ばれる金型にライナー(内布)とゴムシートを貼りあわせていくのですが、こちらのタイプは内布には保温性の高い「フリース素材」さらにその上にネオプレン(ウェットスーツなどにも使われる伸縮性・保温性に優れるゴム)を重ね、ようやくそのうえからゴムシートを貼りあわせています。これによって従来モデルとは比較にならない保温性を実現しました。 (2)履き心地・・・ここは「決定的に違う」と言うほどでは無いかもしれませんが(笑)柔らかく吸い付くような履き心地の従来モデルに対し、暖かく包み込むような履き心地になっています。とてもフィット感が高く全体的にも細身なので、普段のファッションへの邪魔にならない履き方もできそうですね♪ (3)靴底  ・・・従来モデルまで「タブー」としていた「カカト」がついています。これは、雪が積もる冬道を歩く時にも歩きやすくするための工夫。そして、冬に足が冷える一番の原因となる「底冷え」を軽減するための重要なポイントです。靴の裏全体は滑りにくさの秘訣となる「接地面積の広さ」と雪が詰まって滑りやすくなることを軽減する為の「雪離れの良さ」をバランスよく融合したデザインとなっていますので、今までとは違ったシーンでも快適に履いていただけると思います! どうです??今まで『ファームブーツ』を履いていて「物足りない」と感じた方には嬉しい変化では無いでしょうか? 今回、ご好評いただいている本来のゴム質の柔らかさ&軽さに加えて以下の3点にもこだわって生産しました!! 【ウィンターファームブーツはこんなにフィット感を大事にします!!】 (1)アジャスター・・・ボディの上部に簡易のアジャスターを配置。爪を起こして引っ張るだけで調節が可能なので、手袋をはめたままで操作できます。細身のお客様にはありがたい機能ですよね☆(マチも付いているので、ガッチリ体型のお客様も安心です) (2)ご夫婦、ご家族でいかがですか!・・・老若男女問わず、いろいろな方にご愛用いただいている「ファームブーツ」の名に恥じない豊富なサイズで登場です!こんなにイイ長靴が出来たんで、出来ればご夫婦&2世代間で全部”お揃い”っていうのはいかがですか??全てのお客様に履いてもらいたいので、SSS(22cm)から3L(28cm)まで作りました!!ひょっしたらお子さんにもイイかも♪です。 (3)カラー・・・今までも様々なカラーが登場して驚かせてくれているファームブーツシリーズですが、今回登場した3色もちょっと変わったネーミングになっています(笑)正式名称だとイメージがわきにくい可能性もあるかと思いますので、ここで補足説明を書かせていただきます! ○フランスグリーン・・・「えっ!?黒でしょ?どこがグリーン???」という声が聞こえてきそうですが(汗)画像ではなかなかお伝え出来ないのが申し訳ないのですが、明るい場所で見るとほんのり「緑」がかった色になっています。深みのある良い色だと思います! ○オレンジ・・・こちらは従来モデルの中でも人気の高かった「オレンジ」に近いカラーリング。明るい設定の画面で見ると「イエロー」っぽく見えているかもしれませんが、もう少し「半熟卵」の黄身に近い印象だと感じます。 ○あずき・・・前作の「ブラウン」と比べると少し赤みを帯びている印象でしょうか?色の方向性としては、その名の通り「小豆」です(笑)ただし、実際の「小豆」よりも落ち着いたカラーリングですので男女問わず履けるカラーに仕上がっています。 最後に気になるサイズ感ですが、身長168cm、体重58kg、普段履くスニーカーの長靴のサイズは25.5か26.0cm(M~Lサイズ)の私が履いてみたところ、ちょうど良いと感じるのはLサイズでした! 足の長さでいうとMサイズでも大丈夫かなという印象なのですが、筒の部分が細身に作られているので、気持ち大き目サイズを選びたくなります。履くときにはそれほど大変では無く、履いているときにはすごく履き心地が良いのですが、小さ目サイズを選んでしまうと脱ぐときに座って脱ぎたくなります(笑) 逆を言うとそれくらいフィット感のある履き心地の良いレインブーツ(長靴)に仕上がっていますので、是非ともお試しください! ウィンターファームブーツ 防寒長靴 FB1302B * メンズ レディース おしゃれ ガーデニング 長靴 防寒 農作 レインブーツ *P=10 最新作,人気

76Lubricants ゴム長ショート No.76 RB1303 * メンズ おしゃれ レインブーツ* 最新作,人気

→長靴をアップグレード!暖かさが違います!   【WEB製作者が語るイチオシポイント】 ナナロクの新商品をリリースするのは、一体何作目でしょう・・・(疲)。こんなに品数が多いと管理するのも大変です(苦笑)。でも今回ご紹介するのも非常に今時期助かるワークアイテムだったので、他の掲載商品を押しのけて優先的に本日、掲載となりました!! ナナロクの気になる今回の新商品は・・・ ※ナナロク・ハードワーカー・レインブーツ!! 「うん、いつもの長靴ね、はいはい」っていう冷めた感じのお客様、そういう感じになっちゃうのはなんとなく分かります。だってこの時期、当店には「ナナロク・走れる長靴シリーズ」がありますからね。似た感じだし、どっちかというと 走れる長靴の方がカッコイイような気がする のも事実です。でもそれもそのはずなんです。 当商品、カッコよさを求めて作った長靴ではない からです!! 昨今の人気長靴にはある”共通のポイント”があり、それは”オシャレ””軽い””薄い””丈夫”なんです。でも最後の”丈夫”っていうのは、基本的には「軽くて薄い”割に丈夫”だね」という表現が正しいわけであり、単純に”最強に丈夫な”長靴を作ろうと思うと、出来上がってくる長靴は”重くて””分厚い”ボディになります。つまり、前者志向が色濃く商品に反映されているのが「ナナロク・走れる長靴」、そして後者は、 ※全く走らない、ハードワーカー向けヘビーデューティ長靴! なんです!!現場のハードワーカーはどうせ汚れるんだからと長靴の外見にはさほど興味を示しません(笑)。そう、彼らが気にするのは自身のハードなお仕事に耐えられるシロモノかどうかという事と、長靴を一種の消耗品と割り切っているので1足あたりのコスト、すなわち「価格」を吟味します。 そんな、選ぶ目がシビアすぎるハードワーカーのお客様にご満足していただける長靴を果たして作れないものかとナナロクが試行錯誤を繰り返した長靴が今回ご紹介するアイテムです☆ 【この部分をバージョンアップ!本格ワーカー仕様でお仕事でも安心!!】 ■フード付き・・・これがないと仕事にならないよ!!っていうお客様、意外と多いんです。確かに土ホコリや粉塵が舞うようなハードな環境では、スパッと切り落としたタイプの長靴では、一日仕事して家に帰るともう靴下が真っ黒!!なんてこともしばしばです。 ■靴底をグレードアップ・・・ハードワークを足元から支える長靴で一番必要なのが「クッション性」だと思っています。ハードワーカーが働くハードな環境では地面が整地されていないケースが多く悪路の中一日中仕事をしているともう足の疲れはハンパないんです。既に人気商品の走れる長靴は、靴全体の屈曲性と、靴全体の軽量化を向上させるため、靴底は割と薄く作られています。その為走れる長靴では現場作業はちょっと不安があるんです。 ■重量化は丈夫化の証・・・ヒット商品「走れる長靴」が600gに対し、この商品は780gとかなりの重量級。見た目はソックリなのに重さが全く違うのは上記通り「アップグレード」が確実に行われた「証」です。巷では重いというと全く売れないのが靴業界の超常識ですが、長靴に限って言うと、 重い=丈夫というのは、長靴では確実な証。  丈夫に作られた長靴はきっと、ハードワークのお客様の足元を確実にサポートしてくれる存在となりまそうです。 どうです?最初に必要ないかな~って思えたお客様も、ちょっとは「アリ」な感じになりませんか?外見上デザインは極力シンプルに仕上げているのも、やはり、製造面で切り貼りが増えるとそれだけ不具合も発生するからです。本当に「お仕事専用ショート丈長靴」といえる、自信満々の長靴が出来上がりました☆ 最後に私が本日手元に届いた商品を実際に履いてみました!! 身長:178cm、体重:68kg、ウエスト:82cm、普段履くスニーカー25.5cm(Nike:26.5) の私が履いてみたところ・・・、 薄手の靴下1枚であれば、Lサイズで適度なゆとりがピッタリ☆ でした!! この商品は、作業用と割り切るとフィット感を求めて小さいサイズを買うよりも、あえて1サイズ大きめでお買い求めいただいても問題ないかと思います。「最近の長靴は”ヤワ”で困る!!」っていうツワモノのお客様、是非この商品をお試しください☆ 76Lubricants ゴム長ショート No.76 RB1303 * メンズ おしゃれ レインブーツ* 最新作,人気

Prono プロノ ロングユースショートレインブーツ LU1503 正規品,高品質

■ロングユースレインブーツはコチラ■ ■価格も機能も理想形。ノラスタイル製■ 【ページ製作者が語る商品の魅力!!】 走れるショートレインブーツ。 自信を持っておすすめします! 長く使える、ロングユースショートレイン 登場!! 豊富なサイズ展開でピッタリのサイズが見つかります♪ SSS(22.0cm相当)~3L(28.0cm相当) なんてったって今作は… 誰もが知ってる某超有名ブランドブーツを製造している工場で 一足一足手作業で作られたこだわりの逸品! 日本製じゃなくったってここまでできるんです! 一流のノウハウを持った工場・工員の技をとくとご覧あれ~! ☆☆☆ 【仕様】 この商品、“ロングユース(長く使う)”と謳っているだけあり、 特に耐久性を重視しています! 透明度が高く不純物の少ない良質な天然ゴムをたっぷり使用し、 貼り合わせのないつるっとしたデザインに仕上げることで、 折り切れに強く耐久性の高い長靴に仕上がりました! ゴム生地自体は薄く柔らかいのに、しっかりと自立する (置いたときにクタッとしない)のは ゴム生地自体に“コシ”がある証拠です☆ これまでの当店オリジナル長靴の想定寿命は、 企画段階から1クール(2~3か月)で設定されており、 その作業用品としての寿命の短さゆえ 「格安でお譲り」できるのが一つの魅力となっていました。 しかし昨今日本を取り巻く情勢が非常に不安定にあり、 「できればもっと長持ちしてほしい!」 という声が多く当店へ寄せられました。 そこで、耐用年数を引き上げ長く使える長靴を…と 企画し完成したのが今作、「ロングユースブーツ」シリーズなのです!! (こちらはショート丈の紹介ページですが、  ロング丈の「LU1501 ロングユースレインブーツ 」もご用意しています。) 高い生ゴム配合率や手作業での丁寧な仕上げにより 耐久性は飛躍的に向上し、ロングユースブーツの想定寿命は、170日(目標)! 毎日履いても半年持ち、通常のオリジナル長靴の2.42倍長持ちする計算です! ※あくまで製造過程を加味した際の予測数値です。  正確な数値ではありませんが、品質は飛躍的に向上しています! 作業用品としては決してお安くはありませんが、 このコストパフォーマンスならばご納得いただけるのではないでしょうか? また、日本人の足に合った独自の型から作ったので 長靴にありがちなダボダボ感がなく軽やかな履き心地を実現! 重さ自体は片足約690g(27.0cmの場合)とごく一般的ですが 甲周りにフィットし足への負担はほとんど感じません。 短め丈と絶妙なフィット感で、履いたまま走り出したくなっちゃいますよ~! 他の長靴と比べると断然走りやすい!! 靴底(ソール)には砂・泥が詰まりにくい特殊な「ロール底」を採用し、 一般的な波底よりも丈夫でオシャレな三角模様のデザインに仕上げました。 また、かかとに向かって靴底を厚くし、軽量でクッション性のあるEVA中敷を入れて 衝撃吸収効果を高めています。裏布には吸湿速乾素材を使用。 また、靴底の接着技術にも注目です。今回の工場は完成度が非常に高く、 ボンドのはみ出しや拭いた跡がほぼ見つからないきれいな仕上がり!! 手作業でここまできれいに作れるのかと、その技術に驚きです!! デザインにもこだわりました! シンプルな色・形、マットな質感で お仕事用にはもちろんのこと、 雨の日のオシャレ長靴としてもおススメですよ~♪ 緩いカーブで広がった履き口と、その両サイドについている持ち手は 履くときに便利なのはもちろん、デザインのアクセントにもなっていますね☆ 履口の美しい曲線もすべて手作業で切り落とされており、 さすが、ここでも工場・工員の高い技術が見て取れます!! 【実際に履いてみました~!】 この丈、ちょうどいいです!! ロング丈の長靴って、極端な泥や水はねがない場所では 返って邪魔だし蒸れやすいんですよね… ショート丈だと脱ぎ履きしやすく、ロング丈よりも蒸れにくい! 足回りはフィットしますが窮屈感はなく、まさに絶妙です。 逆に足首回りはゆったりめに作られていて 柔らかさもあるので屈んでもストレスを感じません! これは走れます~!! 【こんな時おすすめ!】 建設業、酪農業、ガーデニング、畑仕事、洗車、山菜取り、 雨の日の通勤・通学などのお出かけ、犬の散歩、 ちょっと出のつっかけ代わりに(雨の日も取り替えなくてよいので楽ちんですよ!)… 履きやすさ・耐久性を兼ね備えた、雨の日の大きな味方です♪ ※ぴったりフィット仕様ではないので、  田んぼなどぬかるんだ場所での作業には向いていません。  スポスポ脱げてしまいますのでご注意を!! ※ロール底なので雪上などを歩くと滑りますのでご注意下さい! デザインや機能にこだわっただけでなく、一足一足手作業で作り上げた自信作!! 是非お試し下さい!! Prono プロノ ロングユースショートレインブーツ LU1503 正規品,高品質

sun3san サンサンサン アグリブーツ S3S RB0901 P=S10 最新作,人気

 当店オリジナルのレディースブランド「Sun 3 San」より待望の商品第3弾!!見た目にも、機能性にもこだわり抜いた女性専用のレインブーツを作りました!  どうです?晴れてても履きたくなる可愛いデザインで、小さな桜が咲き乱れています。カラーも個性的な3色をご用意。きっとこの3色なら、雨の日も楽しくなるだろうと思い作りました。  普通の靴屋さんであれば、「可愛い」で終わってしまうところですが、ここからが作業用品店である当店の強み、デザインに加え、機能性と特徴を持たせいましたので、雨の日のお買い物等のカジュアルシーンはもちろんの事、畑仕事やガーデニング、これから農業を頑張ってみようと思っている若い女性(農ギャル)にも作業用の靴として100%持ち味を発揮できるようになっています。  まずは、この独特なカッティング。これは”ガーデニングブーツ”によく見られるのですが、デザイン性のものではなく、「しゃがみ作業」に際し、「長靴がたわまない」ように余分な部位を切り取っているのです。ですから屈んで作業するお客様にはストレスを感じることなく長時間のお仕事が可能です。  また、靴底は当店の長靴ではお馴染みの「並底」と呼ばれる特殊なソールを使用し、一見滑りそうですが「ぬかるみ」や「砂利道」などでは普通の靴底よりも滑りにくく、尚且つ溝が浅く山ぎりカットなので、小石等が詰まりません。もう靴底を”ダンゴ”にする必要もなくなりました。  また、カジュアルシーンではやはり整備された「アスファルト」がメインとなりますので、持ち前の「靴底の薄さ(平べったさ)」がかえってデメリットになってしまいかも・・・。と思われちゃいがちですが、インソール(内部)にちょっと工夫を施しましたので、まるでカカトがあるかのような軽快なウォーキングを実現しました。詳しくは企業秘密☆なので、詳しくお教えすることは出来ませんがきっと履いてみると「あ~♪なるほど、こうなってるんだ」と思ってもらえると思います。  梅雨は明けましたがまだまだ続く雨の日・・・。これで雨の日も明るくお仕事を頑張れると思うと、「たかが長靴、されど長靴」ですよね! ■製品概要■ 素材 ・・・ゴム 生産国・・・中国 大きさ・・・22.0~26.0cm 靴底 ・・・並底 ■自信満々の新商品をくまなくチェック!!気になる商品をクリックしてください! sun3san サンサンサン アグリブーツ S3S RB0901 P=S10 最新作,人気

76Lubricants ナナロク スノトレ型HOTSNEAKER 先芯無し No.76 ST1504B 最新作,人気

■ご一緒にどうぞパイルソックス■ ■こんなのもあります。■ ■こんなのもあります■ 【ページ製作者が語る商品の魅力!!】 皆さんは靴の良し悪しってどのポイントで判断していますか?凝ったデザインや、派手やデザイン、シンプルなデザインなどの「見た目」を重視する方もいらっしゃいます。また防水、防臭、吸汗、通気防滑・・・などの「機能面」を重視される方もいらっしゃいます。そして軽い、疲れない、などの「履き心地」を重視するお客様もいらっしゃいます。そして価格、特価、割引・・・等の「販売価格」を重視されるお客様もいらっしゃいますね。 私(作者)はどちらかというと「販売価格」から入り、「見た目」で買うか買わないかを決める傾向が強いかな。と思っています。こういっちゃなんですが、結構私と同じロジックで買う人って多いんじゃないでしょうか??(笑)。そして今回、ナナロクから発表されたウィンターシューズ(北海道ではスノトレと呼ぶ)がまさにこのロジックにぴったりハマる商品なんです!! 【グラマラスボディが魅力!ナナロク新基準ウィンターシューズはスタイル抜群!】 ■素材・・・タフな作業に耐えうるようにPU素材を使用したボディが魅力。一見レザーにも見えるボディは独特な光沢感とどうしても汚れてしまうお仕事環境でも拭けば汚れが取れるPU(ポリウレタン)は、まさに作業用に適した素材といえそうです。 ■スタイル・・・今作よりナナロク新基準「グラマラス・ボディ」を採用しており、そのコンセプトは「美しくセクシーな造形美」を追求しています。今まで”デザインありき”だったナナロクが、製造国・製造工場を変更して新たに挑む挑戦です。 足首のカッティング、甲のくびれ、つま先の反り感等、 言われないと気が付かない。という方がほとんどだと思いますが、それでもその僅かな「シルエットの差」が、履いた時に抜群の履き心地と満足感を演出します。  ナナロク新基準で作られたウィンターブーツは2014年度は今作含めて「2作のみ」ですから、リピーターのお客様、形が気に入ったお客様は是非、ご購入のポイントにしていただけましたら幸いです。 ■冬靴にありがちな・・・当店の現場用バリバリ防寒長靴は、その常識外の暖かさを得るために「軽さ」を思いっきり犠牲にしています(苦笑)。お仕事(現場)では一日中、寒い中外で仕事するわけですから、軽さなんかよりも寒さに耐えられる方がお客様によっぽど喜ばれるので防寒長靴は重たい商品が多いのですが、スノトレはよりライトな使い道が想定されますし、ひょっとすると一日中外での仕事じゃない可能性もありますので、当商品「ほどほどな暖かさで、超軽く」仕上げています。冬靴、スノトレにありがちな「買ってみたら意外と重かった」みたいな事はこの商品では感じないと思います。 ■価格・・・消費税も上がり、物価も上がり、何故か給料は上がらない(苦笑)この世の中、2014年ナナロク・ウインターシューズは、なんと価格が「据え置き」です。正直、為替も上がりまくっているので海外生産品はしょうじき目も当てられないコストの上昇を余儀なくされているんですが、この ナナロク・スノトレだけは価格がそのままで販売 されています。このご時勢、名の知れたブランドシューズが3,990円で手に入るとなれば、これはもう即買いのレベルです。 どうです?なんとな~く「冬用のあったかい作業靴が欲しいな~」って思っていて、偶然このページにたどり着いたら価格を見て「お☆イイな☆」と思って、デザインを見て「買おう!!」ってなりません??私のような単純な回路の人間は、「価格」「デザイン」、これが良ければ即購入!っていう流れになってしまいます。 それだけじゃなくて、つくりを見直しシルエットを見直したグラマラス・デザインにより、今までのナナロク・スニーカーにはない別格の履き心地を実現しています。 実際に私が履いて見ました!! 足のサイズ:25.5cm、普段履くスニーカーのサイズ:25.5cm、ナイキ:26.5cm、長靴Lサイズ の私が履いてみたところ。。。 普通の靴下着用、25.5cmで問題なし でした!!なんでしょう・・・この包み込まれるような感覚☆なるほど、見た目は少しの変化ですが、このグラマラスボディ、侮れませんな~。 76Lubricants ナナロク スノトレ型HOTSNEAKER 先芯無し No.76 ST1504B 最新作,人気

Sun3San サンサンサン プレミアムファームブーツ S3S FM1401 * メンズ レディース おしゃれ ガーデニング 長靴 農作 レインブーツ 夏フェス パッカブルブーツ* 最新作,人気

→丸めるシリーズ全ての元祖(終了) →コチラも注目!最新モデル! →現在発売中の丸めるシリーズ最新作 ■抜群のゴム質と、柔らかさ・薄さが実現する、脅威の持ち運び方法。長靴は丸めて運ぶ時代になりました。 ■田んぼや畑、整備されていない地面の強敵は、この靴底でノックアウト!! ※前モデルの画像を流用しております。多少の変更がなされております。品質、使い勝手には問題ございませんのでご安心ください。 当店で”夏場の作業長靴の鉄板”として発売して4~5年、ず~っと「楽天長靴販売1位」を記録し続けてきた「ファームブーツ」に新たなラインナップが登場しました! 最高の質感と、使い勝手、そして新たなカラーをラインナップに加えた最強のふぁーむブーツ がとうとう、新天地で生産され、発売がスタートしました!!  当店の畑・農場で働くお客様を「作業用品の観点」からサポートする目的で作られたブランド「Sun3San(サンサンサン)」から、待ちに待った ファームブーツ のご紹介。「え?ファームブーツって何?」と、農業を営んでいるお客様にも「??」な名称かもしれません。平たく言ってしまうと 農業長・田植え長 とお伝えすると分かりやすいかも。正直、今まで作業用品専門店である当店は、お客様のご要望にお応えしていろいろな長靴を作ってきましたが、この「農業長」に挑戦するのは初めてでした!!農業長って単に「一般的な長靴よりも長い長靴」と思われてしまいがちなんですが、実はいろいろと考え抜かれた逸品であり、 一般の長靴の代用を農業長で対応するのは可能だが、農業長の代用を一般長靴で代用するのは不可能 といわれるほど、その性質に違いがあったのです。 【ココが決定的に違う!!農業長と一般長靴!!】 (1)形   ・・・パッと見た目「長いだけでしょ」と思われますが、実は長靴の命ともいえる「筒」が農業長の方が「細い」んです。理由は簡単。「筒が太いと、上から異物が入り込むから」です。「それは一般長靴でも同じでしょ!」と思いますが、田んぼや畑では地面がぬかるんでいる為、異物の混入も多いんですね。一般作業長靴の作業シーンは、結構整地された地面が多いですから、筒に余裕を持たせて「通気性の改善=ムレ防止」を行っている長靴がほとんどです。 (2)履き心地・・・これも一般長靴とは雲泥の差。農業長・田植え長と呼ばれる長靴は一般長靴よりも長く、柔らかく、そして軽いというのが特徴。この3拍子が揃うと、格段に「フィット感が向上」します。実は畑や田んぼ、農園、農場はほとんど地面が整地されておらず、「泥や土」です。雨の日などは多くの水分を地面に含むため、歩くたびに「ズボッ、ズボッ!」と足が埋まります。フィット感がないと、そのたびに「長靴が脱げてしまう」んですね。それでは仕事にならないので、筒を細めて、ゴムを柔らかく、軽くすることでフィット感を高めています。 (3)靴底  ・・・前述通り、農業長の活躍場所は、整地されていない場所が多くぬかるみが当たり前の環境。そんな中で通常の長靴で使用される「溝の深い」、「カカトが出っ張っている」靴底はNG中のNG。ぬかるみに不必要な「深い溝」は小石を噛み、「カカトがある」とへこんだ箇所に土や泥を溜め込み「靴裏がダンゴ状態」になります。ぬかるみに必要な靴底は、「ぬかるみでも地面の感触が伝わりやすい薄い靴底」と「小石やゴミが溝に噛まない溝が浅くて丸い靴底」、そして「カカトが無い」長靴です。ですから、一般作業(整地された環境)でこの農業長を履くと、「地面が硬い」とはっきり足に伝わってくる長靴です。 どうです??農業の方以外にもひょっとしたら「そうそう!こんな長靴を探していたんだ!」というお客様、意外と多いかもしれませんよね。 今回、オリジナルで製作した際、当店も「フィット感」に着目し、本来のゴム質の柔らかさ&軽さに加えて以下の2点も機能として追加しました!! 【「Sun3San」ファームブーツはこんなにフィット感を大事にします!!】 (1)アジャスター・・・ボディの上部に簡易のアジャスターを配置。爪を起こして引っ張るだけで調節が可能なので、手袋をはめたままで操作できます。細身のお客様にはありがたい機能ですよね☆(マチも付いているので、ガッチリ体型のお客様も安心です) (2)オプションゴムバンド・・・12mm幅の平ゴム×長さ300mmを商品お送りの際、オプションとしてお付けいたします。使い方はお客様次第ですが、大半のお客様は足の甲の部分と土踏まずの部分に「たすきがけ」のようにクロスしてきつく結び、ぬかるみ作業の際の「長靴のすっぽ抜け事件」を未然に防いでいるようです。 (3)ご夫婦でいかがですか!・・・農業を営んでいるお客様って家族経営が非常に多いです。「お父さんはこれ、お母さんは・・・、あれ?サイズが無いな」って事もしばしば・・・。こんなにイイ長靴が出来たんで、出来ればご夫婦&2世代間で全部”お揃い”っていうのはいかがですか??全てのお客様に履いてもらいたいので、SSS(22cm)から3L(28cm)まで作りました!!ひょっしたらお手伝いのお子さんにもイイかも♪です。  しかし、そんな隙のないファームブーツにもたくさんのお客様、たくさんのご使用用途を目の前にした時、 至らない点もたくさん抽出、更なる高みを目指すなら解決は必至状態 だったんです!!そこで、今までの製造工場とはお別れをし、新天地で問題点を解消すべく取り組み、企画から2年懸けてようやく前作を上回るクオリティを実現しました!!それでは、ドコが改善されたのか確認してみましょう!! 【FB01ファームブーツのココを修正・改善しました!!】 ■筒の太さ・・・履き口の太さを 41cm に修正した事により、男性のお客様でも気にせず履くことが出来るようになりました!!レビューを見ても分かりますが、今までのファームブーツは「フィット感」を重視しすぎて筒が細くなり、「足が入らない」という声もしばしばいただいておりました・・・(泣)。次、開発をする際は絶対に筒の太さを修正しようと思っていたので、当店にとっても今回の新しいファームブーツは本当の意味で 誰もが履ける長靴 になりました!! ■ロゴ・・・・・今回のこの長靴も畑仕事用ブランド「Sun3San」からのリリースですが、ロゴはあの「太陽マーク」ではありません。というのも、前作ファームブーツをお買い求めの男性のお客様より「ちょっと女物みたいで恥ずかしい」との声を少なからず、頂いておりました。そこで今回は、ボディに「ナチュラルラバー(天然ゴムを使用)」表記を行い、品質と自然を大切にしているとアピールしてみました(笑)。このロゴでしたら、きっと男性のお客様もスッキリ履きこなせるのではないでしょうか??しかし、当店も全く気がつかなかった盲点でした。確かに私(作者)が前作を履くとしたらちょっと躊躇してしまいますもんね・・・。 ■質感・つくり・・・まぁ、前作もプロデュースしたのは当店ですから大きな事はいえませんが、前作ファームブーツで多かった声が「作りがちょっと雑・・・」でした。コストを極限まで落としたことが直接の要因ではあったのですが、それにしても切断面が雑であったり接着部分が雑であったりと時たま当店も頭を悩ます事柄が発生してしました。今回根本的に製造拠点を変更した事により、格段に品質がよくなりました。 ■ふにゃふにゃを改善・・・前作のファームブーツではとにかく「柔らかさ」を追求しておりましたが、ご購入いただいたお客様より「もうちょっと耐久性がほしい」と言われておりました。 今回、ファームブーツの肝である”くるくる畳める”仕様は残しつつも、生地にコシを持たせしっかりとした印象に仕上げました!! 最後に、商品スペックと履き心地をご紹介します。まず特筆すべきはこの「柔らかさ」。この柔らかさを生み出すために「質の良いゴムを使用し、薄く」仕上げています。画像をご覧いただくとお分かりになると思いますが、クルクルッと丸めて付属のゴムでキュッと縛ってしまえば、持ち運びに困りません。(縛ったまま、濡れたままの放置はしないでください。ゴム質が劣化します) 履いてみると即実感出来ますが、軽さもお見事。Lサイズ(26.0cm相当)で 780g と、これだけの長さがありながらこの軽さは、恐らく「当店一番」でしょうね。 最後に作者である私が実際にこの長靴を履いて見ました。 身長:178cm、体重:62kg、普段履くスニーカーのサイズ:25.5cm の私が履いてみたところ・・・、 一番しっくりきたのはLサイズ(26.0cm相当) でした。少し余裕があるくらいです。恐らくMサイズでもイケると思いますが、私はLサイズが良いと思いました。LLサイズは明らかに無いですね。ぶかぶかでした。  今回、新たに加わった機能性で更にファームブーツの未来が開けたように感じるのはきっと私だけではないはず。リピーターさんにとってみれば「かゆい所に手が届いた仕様」になったと思いますし、ご新規のお客様にとっては「今までの長靴に対していただいていた印象を良い意味でひっくり返す」魅力的な長靴に進化しました。 これからジメジメした季節が続きますので、オン(仕事)でもオフ(普段使用)でも一足は玄関においておきたいアイテムです。 Sun3San サンサンサン プレミアムファームブーツ S3S FM1401 * メンズ レディース おしゃれ ガーデニング 長靴 農作 レインブーツ 夏フェス パッカブルブーツ* 最新作,人気

第一ゴム Wスパイク防寒マリン 次世代フレッシュ D 1 最新作,人気

→■4L・5Lはこちら■ →足元は大丈夫ですか? ■当店人気No.1長靴はこちら■ 必見、製作者が語るアピールポイント!! 当店の防寒長靴として不動の地位を築いている当店オリジナルの極寒冷地用長靴スターマリン。かつてこのスターマリンを極限まで苦しめた名作があった事はきっと当店をご利用のお客様の中でも知っている方は「ごく僅か」ではないかと思います。 スターマリンvsフレッシュ 仁義無き戦い です。この戦いは4~5年前に勃発し、2年余り続きました。いわばこの戦いは、 国産vs海外製品 の代理戦争 でもありました。「品質の国産か」「コスパの高い海外品か」でそれぞれを代表するスター選手がしのぎを削ったわけです。その時の「品質の国産」側代表選手が今回ご紹介する 北海道、札幌の隣に在する運河都市「小樽」で作られている防寒軽量長靴「フレッシュ」 です。 価格面で当時スターマリンが3,990円、フレッシュが5,900円でお互いの利点をぶつけ合い、本当に良い勝負でした。がしかし2年目を迎えた時、スターマリンが価格を据え置いたのに対し、フレッシュがまさかの大幅値上げでこの戦いに決着が付けられました。そう、スターマリンの圧勝でこの戦いは終わったんです。 がしかし、私はまだあの戦いに「しこり」がありました。っていうのももしも価格面でスターマリンも値上げに踏み切っていたらどうなったんだろうと・・・。そしてその疑問はまさに2015年に解消されるかもしれません。 戦いから5年が経過し、スターマリンを取り巻く環境も激変しました。そう当時の3,990円から現在は5,990円まで価格が引きあがっているんです。 そこで小樽のメーカーさんにも確認していただき、この度 フレッシュのDNAを色濃く引き継ぐ新商品 を取り扱うことにしました!!そう、ここに数年越しに実現しました!! 国産高級防寒長靴vs最強極寒冷地用海外製防寒長靴の再戦!! が実現しました!!私はこの戦い、非常に興味深く感じています。あの時とは時代もニーズもトレンドも大きく変わりました!!しかも価格差も言うほどありません。それでは、待望の国産長靴のご紹介!その名も「フレッシュ・ダブルスパイクマリン!!」の登場です!! 【海外製長靴に徹底抗戦!これぞ国産でしか出来ない裏技!!】 ■鮮度?・・・皆さん、気にもしたことなかったと思いますがゴム長靴って「鮮度」があるんです。当然鮮度があるので、劣化もあります。それが「ゴム割れ」であったり「ひび割れ」であったり「折り切れ」なわけです。実はゴムの大敵が日光であったり蛍光灯であったりするわけですが、国産では鮮度が全然違うんです。 海外製は国土も気候も異なる異国で作られ、そしてまとめて出荷されるまでず~と保管されます。ここまででおよそ2週間、いざ出来上がって船に乗って日本に来るのですがこの船に乗っている時間が1ヶ月、そして港で仕訳され当店の倉庫に届き、主たる手続きを終えていざお店に並ぶまでは2週間、つまり長靴を作り始めてからお客様が目に触れる場所にまで移動してくるのに「2ヶ月くらいはかかる」計算になるわけです。 ところが、小樽で作られる長靴は足数にもよりますが店舗の棚に並ぶだけの長靴なら、あっという間に作り上げて宅配便で店舗に送られ、出来上がってから最短2~3日で売り場に並んでしまいます。 このアドバンテージって非常に有力。履いていてもいなくても 海外製は既に製造から2ヶ月が経過されているのに対し、国産品は”出来立て”ですから、劣化するスピードも変わり、どうしても海外製の方が劣化するスピードは速まります。 ■驚異的な軽さ・・・780g。これがフレッシュWスパイクの驚異の重量です。スターマリンをはじめとした「防寒」を売りにしている長靴って1,000gを余裕で越える重量ですから、この長靴がいかに軽いかは一目瞭然。私は暖かさを得るためなら多少重くなっても仕方が無いという思想の持ち主ですが、この長靴を履いてしまうと思い防寒長靴は履けなくなってしまいます(苦笑)。 ■防寒性・・・スターマリンの大きなウリは「極厚のボディと高密度フェルト」ですが、厚さはどれくらいだったか覚えていますか?6mmのフェルトに、2mmのゴム厚で8mmあります。でも8mmというだけではスターマリンは今回苦戦を強いられるでしょう。だって フレッシュWスパイクもスターマリン同様、2mmゴム厚+6mmウレタンスポンジ=8mmボディ厚(驚) ですから!唯一異なるのは防寒素材がフェルトか、ウレタンか。。。です。 ■スパイク・・・メーカーさんがこの戦いを本気だと思わせる工夫の1つです。実はこの商品、 靴底に無数のスパイクを装備(驚) している耐滑ソールを用いています。具体的には オレンジ色の部分が4本爪の鉄製スパイク、ごま塩に見える部分が金剛砂と呼ばれる粒子が靴底と混ざり合っている特殊なスパイク です。この二つのスパイクが名前の由来になっているんですね。力の入る「親指」「親指の根元・裏」「側面」「かかと」にもっとも威力のある鉄製スパイクを装備しているなんて、さすが北海道生まれの長靴です。歩くときの踏み出し、踏ん張り時に力がかかる部分にあるスパイクはきっと凍った路面でもガチッと爪が噛み付きます。ご年配のご家族の足元の安全にも効果あり。 う~ん、楽しみ☆今まではスターマリンの独壇場だったこのエリアに数年越しのリベンジで、フレッシュが復活してくれました。 最後に余談ですが、私の知人がフレッシュを買ってこの間買い換えたのですが、7年!!!持ち堪えたそうです。「7年持ちます」っていう事ではなく、大事に扱うと7年も持つっていう事が凄いです。この辺りの神憑り的な耐性も国産長靴でしか可能になりません。 実際に私が履いて見ました。昨今主流となった「M・Lサイズ表記」じゃなくて、「25.0cm表記」なのでご自身にピッタリとした長靴を見つけ出すことが可能です。 普段お召しになっているスニーカーのサイズ通りでお選びいただいて問題ございません。 きっと市販長靴でしか履いた事が無いお客様はお届けになった瞬間、「ちゃんと両足入っている?」って思えるくらい軽いからお気をつけ下さい☆ 第一ゴム Wスパイク防寒マリン 次世代フレッシュ D 1 最新作,人気

Prono プロノ オリジナルレインブーツ< 新 ゴル長> AGR 1403 * 長靴 メンズ おしゃれ * 正規品,高品質

■■■商品説明文■■■   作業用品専門店である当店、では何が一番売れている?といえば、「冬場では」ダントツで「長靴」なんです。暖かさ抜群で重装備、それでいてリーズナブル。北海道ブランドが最大限に発揮できるアイテムの一つです。  では、「夏場ってどうなの?」っていうと、冬場ほどの破壊力はないにせよ、毎年それなりに売れていましたが、今年は当店、気合が入っております。それがこの商品「ゴルナガ」です!!  まず、第一にお話しなくてはならないのが、「防寒長靴とは製作された目的が異なる」ということです。防寒長靴は文字通り、「暖かさ」を求めるお客様が多いので、長靴に「防寒性」を持たせますが、夏場にはまったく逆になります。ということで、当商品をご覧になっていただければお分かりだと思いますが、冬場の防寒長靴と比べて見るととても「スリム」で「シンプル」なデザインだと思います。 「なんか拍子抜けだなぁ~」と思っているお客様、夏場に使用する長靴の最大の目的は「長寿命」です。夏場の長靴の最後は1位「折りきれ」、2位「カカトが磨耗→穴→浸水」の2つで占められています。  この問題をひたすら、考え、実際着用されるお客様のご意見を反映した結果、このカタチに行き着きました。つまり当商品、「長持ち」して「折りきれしない」、そんな夢のような長靴に一歩近いづいたモデルなんです!  「折りきれ不良」に関しては、当店も問題解決の方法を防寒長靴からもノウハウを把握しており、すぐ商品へ反映することが可能でした。実際ゴムの配合黄金率(当店企業秘密その1☆)を施すことにより、低温時、乾燥時、湿潤時、屈曲時、いかなる環境に対しても折り切れを発生しずらい生地に仕上げることが出来ました。  また、「カカト磨耗」については、根本から見直しながら、もっとも簡単な方法で問題を回避しました。そうです、「カカト」を取っちゃいました(笑)ほぼ平らな靴底にすることにより、どんなに特徴的な歩き方をされるお客様でも、カカトだけに圧力が集中することを避け、体重全体の圧力を靴裏全体で分散するため、局地的な磨耗を防ぐようになりました。  「カカトは取っちゃダメだろ~」と半信半疑のお客様、そうです、人間の体と同様、カカトは無くてはならないものですが、実はこの長靴、カカトを取っちゃった時に内部に細工をしており、詳細はお伝えできません(企業秘密その2☆)が、目に見えない長靴内部にカカトの働きをするクッションを設けていますので、カカトが無いということで思った以上に歩きづらい・・・といった事は起きなくなりました。  つま先とカカトが反り上がっているので、多少慣れは必要かもしれませんが、慣れてしまうとこれ以上に歩きやすい長靴はありません。  気になる重量は防寒ではないので軽く仕上がっていますが、あんまり不用意に軽くすると耐久性が出なくなってしまうので、作業用長靴として「平均的」な重量に設定しました。  もともと、一日中長靴を着用されるゴルフ場で働くお客様よりアドバイスを頂き、誕生した長靴。「ゴルフ場の長靴」→「ゴルフジョウノナガグツ」→「ゴルフ・ナガグツ」→「ゴルナガ」と呼ばれるようになりました☆  今では北海道の大手のゴルフ場さんではたくさんのキーパーさんが使用しており、好評をいただいているモデルですが、なんともよく出来た長靴なので、今回はゴルフ場以外のお客様にご案内。 (1)舗装されていないお仕事環境の方(農家さんや林業の方)、 (2)土がむき出しの場所での作業(ガーデニングや庭いじり)、 (3)屈み作業が多いお仕事(畑作業) (4)芝生・路面樹の剪定作業 (5)疲れ軽減モデルの為、「よく歩く」作業の方 にオススメです。しかし残念ですが、「耐油性」ではありませんので、「整備士さん」にはちょっと不向き、また靴底を柔らかいゴム配合にしているため硬い路面「アスファルト」上での作業では、思いのほか靴底が磨り減ることが予想されます。  色んな機能と、長寿命化を測るため、ちょっとコストがかかっちゃいました。夏用の長靴としては「決して安くは無い」モデルですが、履き心地や長寿命から感じることの出来る「後の満足感」を考えると決して高くはない長靴かもしれません。 Prono プロノ オリジナルレインブーツ< 新 ゴル長> AGR 1403 * 長靴 メンズ おしゃれ * 正規品,高品質

TB PHILLIPS 66 フィリップス66 フルラバーエンジニアブーツ PH66 RB151W 新作入荷

↓こんな風変わり長靴もあります☆ 今回はお客様の ド肝を抜く 新商品をお伝え出来ることを嬉しく思います!! 「またまた~、ド肝とか言って今回もナナロクとかなんでしょ??そんなんじゃもう驚かないぜ!」 っていうお客様、残念でした~☆今回はナナロクでもスナップオンでもありません!! 当店が自信を持ってお伝えする商品なので、当然「ブランド物」ではありますが多分、皆さんは当店で「初めて見るブランド」だと思います!! それでは、当店が2015年秋からお送りする新規「プロジェクト」、 PHILLIPS 66 「え?ロクロク????ナナロクじゃなくて???」っていうお客様、そう、今回ご紹介する商品は「66(ロクロク)」なんです!! 【ナナロクと似て非なる存在。ロクロクのスケールのデカさは想像以上!!】 本社:アメリカ合衆国テキサス州ヒューストン 業種:石油精製と正規油製品の販売 創業:1917年 創業者:フランク・フィリップス(Frank Phillips)ブランド由来:新しいガソリンを国道66(ルート66)でテストした際に毎時66マイルに達した 事業:ニューヨーク証券取引所上場企業 ナナロクとの関連:フィリップス石油とコノコ石油が合併した際、コノコフィリップス石油が設立され、その時の製品のラインナップが76ルブリカンツ(UNION76)、ケンドール、そしてフィリップス66であるため、UNION76との関連性は「同じ販売会社であり、別の商品ラインナップ(ブランド)」である。 ナナロクも本国アメリカにとっては歴史あるオイルブランドであるのは間違いありませんが、それと同等、いや創設者の名が入るブランドなのでもっと思い入れのあるブランドかもしれません。今回、当店はこのアメリカで由緒あるオイルブランドである「フィリップス66」を商品ラインナップに加えることで、更に アメリカン・ワークブランドの威力を強化する事が出来た と実感しています。 現在も親戚である「ナナロク」は絶好調の販売を記録していますが、このロクロクも恐らくそう遠くないうちに当店の看板商品になる事間違いなしでしょう☆ 「そうは言ってもさぁ、ナナロクもロクロクも結局同じ作業用品でしょ?ブランド以外に何か存在感の違いってあるの??」っていうまるで当店の社長のような鋭いコメントをお持ちのお客様、確かにナナロクもロクロクもおんなじオイルブランド、そんなに違いなんて出せないでしょ??って思っているお客様は多いと思いますが、当店ではナナロクとロクロクに明確な違いが出せるように考え抜き、品揃えとして加えました。 【これから当店ではナナロク・ロクロクの違いをこうやって棲み分けします!!!】 (1)希少性・・・ナナロクって今や作業用品業界において超有名になっちゃいました。最初は当店だけの品揃えでしたが、今やいろいろな競合店さんが普通にナナロクの作業用品を売っている状態にまで浸透しました。最初は「当店だけの商品ですよ!!」というのがとても魅力的だったんですが、今ではその魅力的なフレーズは使いづらくなってしまいました。人気モノなので当店としてもこれからもどんどんナナロクを販売していこうと思っていますが、最初のナナロクのように、「当店だけのレアアイテムで周囲と絶対カブりませんよ!!」と自信を持って売れるブランドを探していたんです!!それが今回の「PHILLIPS66」です。 (2)デザイン・・・PHILLIPS 66はとことんデザイン性にこだわります。「いや、ナナロクでもそうでしょ?」っていうお客様、ナナロクのレベルではありません。ナナロクは作業用品としてお客様に買って欲しいので基本的には「リーズナブルな価格設定」が多いんです。そしてその価格が多くのお客様に認められて見事、今や当店にとって無くてはならないブランドに成長してくれました。 がしかし、ロクロクはナナロクと同じ成長路線は辿りません。デザイン性の高さを実現するためには「コストアップ=高級化もやむなし」との見解で商品開発をしています。「作業用としても、普段用としても決して恥ずかしくないデザイン」をモットーに開発しているので、これから発売になるロクロクの新商品たちは、どれも「作業用品に見えず」、そして「作業用品オンリーで考えると高く感じる価格設定」になっています。 (3)機能性・・・ロクロク製品がファッション性を重視するアパレルショップさんと大きく異なるのが、どんなにカッコイイものを開発しても「きちんと作業用としても機能する」着眼点を忘れていないところ。つまりデザイン性が高く、価格設定も高めだが、作業として使用すると超使いやすい!!っていう部分をしっかり大切にしています。だからこそ当店で扱う価値があるし、お買い求めになったお客様がロクロク製品に対して絶対の自信を持つのと同時に自身への仕事にも誇りがもてるように作っています。 どうです??なんとなく「ナナロクとロクロクの違い」を感じる事が出来ましたか? それではもっと明確にその”差”を感じるためにロクロク製品第一弾をご紹介しましょう!!! 【RB151W/PHILLIPS 66 ENGINNER BOOTS -FULL RUBBER-】 「なんだよ~、散々煽っといて結局普通の黒いブーツじゃね~か」っていうお客様、そんな普通の商品ロクロクから出すわけないじゃないですか。 この商品、驚く無かれ、 完全防水のゴム長靴!! なんです!!一件革に見えるボディは「全部ゴム」です!!そう、カッコイイネーミングですが言ってしまえば「長靴」です!! 【驚きの機能性!新感覚ラバーブーツはこうやって誕生した!!】 ■きっかけ・・・きっかけは当店における「長靴の売れ筋の推移」でした。今まではどこから見ても「長靴」っていう長靴が一番の売れ筋だったのに1年半ほど前から、「長靴に見えない長靴」に動きが出始めました。例えはアウトドアブーツのように編み上げになっているですが、足の甲の部分まで硬質のラバーで覆われていて、防水仕様。そんな風変わりなブーツに人気が集中し始めており、「いよいよ長く続いた長靴の見た目の歴史も変わる時が来るか」と実感しました。 ■素材・・・素材は高配合率のゴム。製造国は成長著しいアセアン諸国製でアセアンといえば 良質なゴムの産地 として有名です。だから見た目が遠めだと正直「革なのかゴムなのか見極めは困難」です。あえて「黒」にしたのは、色をつけちゃうと途端に「安っぽく」見えてしまったから。やっぱりゴムとはいえ最初は「え?革なの??」とお客様にも周囲の方にも勘違いして欲しかったので、あえての「黒」にしました。 ■シルエット・・・実は当店にはその歴史上、大人気だったのに大人の事情で止めざるを得ないヒット商品ってたくさんあったんです。1つ目が「ナナロクの長靴」です。当店をご利用のお客様ならうっすら感じているかもしれません。最近、 ナナロクの長靴を新商品としてリリースしていない んです。これって何故かというとナナロク長靴全盛期の時ってそれなりに機能性にこだわりを持って作っていたんですが、製造国の変更により、そのコダワリの部分が全く表現出来なくなってしまったんです。その1つ目が「耐油底」ですね。当店をご利用のお客様の多くは、ガソリンスタンドや整備工場で働くお客様が多かったので、耐油底っていうのはお約束だったんです。 その2つ目が「ナナロク・走れる長靴シリーズ」でした!←←うわっ!懐かしい!!っていうお客様は恐らく当店とはもう2-3年以上のお付き合いですね(笑)。コレも上記と同じ理由で、製造国を変えると「走れる?ナニそれ??」でした(笑)。なので走れる長靴の特徴と機能性の説明を十分に行い、工場の方にも理解を得られるまでそれなりに時間を要しました。 そして!!今回誕生したこのエンジニアブーツは 耐油底と走れる長靴のDNAを受け継いだフラッグシップモデル となりました!! 足首・足の甲でシェイプされた造形はまさにちょっとした急ぎのときに走れるようにとことん形にこだわりました。走った際、足首でロックされるので長靴のような「カッポカッポ」した感じには絶対なりません。 ■防寒・・・更に驚くべき事にこのブーツ、「防寒仕様」なんです。もはや外観からは全く判別できないほどシャープな線で作られているので「この靴は防寒なんだよ」と言わない限りは絶対に気づかれないスペックです。 「ゴム地2mm」+「エステル布1mm」+「ネオプレン断熱材3mm」+「吸汗裏布1mm」で計7.0mm の極厚ボディで 適応気温は0度までは全然大丈夫、中敷と靴下を冬用にすれば恐らく氷点下でもへっちゃら なほどガチガチの防寒靴です。 ■ここがワーク(仕事用)・・・採用されているソールはナナロクと同様「トレッドパターン(タイヤパターン)」を採用しており、フラットな着地感覚が特徴です。普通、この手のエンジニアブーツって「カカトがあるのが普通」なんです。しかし、カカトがあると「履く場所を選んでしまう」んです。危険を伴う当店のお客様のお仕事を考えると、カカトはあるより無いほうが良い。という事であえてのフラットソールになりました。 その結果、接地面積が増えるので横方向への体重移動の際「踏ん張りが利く」というのと、アスファルトではない悪路でも足を踏み外す事無く動作する事が可能です。 最後に実際に私が履いてみました!! 足のサイズ:25.5cm、スニーカー(NIKE/adidas):26.5cm、長靴:Lサイズ の私が履いてみたところ・・・、 L(25.0-25.5cm)でピッタリ!ダッシュも可能! でした!!最近思うんですが製造国をアセアンに移してから、「巾が狭くなった」と感じているんです。私個人的に。なので狭くなった巾を考慮すると普段履いている長靴と同じサイズか、実際の裸足の足のサイズの1サイズ上をご購入いただいた方がすっきり足の収まりも良いような気がします。 とうとう、秘密のベールを脱いだ注目の新ブランド「PHILLIPS 66」、これからどんな「感動」と「驚き」を私たちに与えてくれるのか、今からとても楽しみです。 TB PHILLIPS 66 フィリップス66 フルラバーエンジニアブーツ PH66 RB151W 新作入荷

プロノ オリジナルアグリブーツ フード付き AB 08SF 最新作,人気

【WEB製作者が語るイチオシポイント】  アグリという名前が示すとおり、農家専用に考えられたプロノ完全オリジナルの長靴です。  実はこの長靴、発売までに何度も製作に試行錯誤したまさに「血の滲むような努力を繰り返した」長靴です。  何度も壁に当たったのが、皆さんも一度は経験している長靴の最後の姿「折りきれ」です。農業を営むお客様はどんな業種であっても、「屈んで仕事をすること」が多いんです。そのため、当社が想定する長靴の強度よりも遥かに丈夫でないと商品寿命が非常に短くなってしまいました。  そこで幾度と無く折りきれと立ち向かい、ゴムの配合率を変更して、折切れしやすい箇所に対し改善を進めました。  そうして出来上がったのがこのアグリブーツです。長靴の内部には朝、晩の冷え込みにも考慮し、4mmという控えめなスポンジを内蔵しています。  「アグリブーツ」と呼ばれる最大の所以はこの靴底です。波のように配列された独特な形状です。  「波底(正式には並底)」と呼ばれ、小石や泥が詰まりにくく、靴底がダンゴになることはありません。  当店自慢のオリジナルアグリブーツを是非お試しください。 ※ご注文後に弊社実店舗よりお取り寄せを行うため、ご注文いただきました商品をご用意できない場合がございます。ご了承のほど、宜しくお願いいたします。 プロノ オリジナルアグリブーツ フード付き AB 08SF 最新作,人気

’10 プロノ オリジナル長靴”安全ゴルナガ” CKS 01KP 兼用 2010 春夏作 靴 最新作,人気

この商品は在庫規制がかかっております。 ■欠品在庫状況・・・カート内×印はお買い求めいただけません ■欠品入荷状況・・・無し ■次回入荷予定・・・無し ■商品ステータス・・・終了商品 品番:CKS-01KP 素材:合成ゴム 仕様:つま先「発砲ゴム」    靴底「波底」    中敷「オリジナル中敷」内蔵  ある日、当店実店舗に「たくさん長靴があるけど、私達の仕事には向いていない」ととても残念なお顔をされており、ご職業をお伺いすると「ゴルフ場コースキーパーさん」でした。  彼らは晴れの日も雨の日も常に長靴を着用し、一日を通してとんでもない距離数を歩かれると聞き、愕然としたのを今でも思い返します。そうです、当店に数ある長靴は「雨の日に着用」する事のみを前提と作られており、お客様のおっしゃる通り一日中着用すると、それだけ損壊も早まるという長靴ばかりでした。  長期間、そのお客様と個人的にやりとりを行い試行錯誤の末、このカタチに辿りつきました。お陰さまでたくさんの北海道の著名なゴルフ場ではキーパーさんはこの長靴を履いてくれています。  まだまだ改良の余地は残されていますが、当店へご要望をいただく時には、かつての「聞いてもどうせ無いよね」といった残念なお顔ではなく、「こうしてくれたらもっと嬉しい!」と笑顔で教えてもらっています。  長寿命化と、疲れを知らないこの長靴を誕生させるきっかけを作ってくれたコースキーパーさんにひたすら感謝です。   ■■■商品説明文■■■  作業用品専門店である当店、では何が一番売れている?といえば、「冬場では」ダントツで「長靴」なんです。暖かさ抜群で重装備、それでいてリーズナブル。北海道ブランドが最大限に発揮できるアイテムの一つです。  では、「夏場ってどうなの?」っていうと、冬場ほどの破壊力はないにせよ、毎年それなりに売れていましたが、今年は当店、気合が入っております。それがこの商品「ゴルナガ」です!!  まず、第一にお話しなくてはならないのが、「防寒長靴とは製作された目的が異なる」ということです。防寒長靴は文字通り、「暖かさ」を求めるお客様が多いので、長靴に「防寒性」を持たせますが、夏場にはまったく逆になります。ということで、当商品をご覧になっていただければお分かりだと思いますが、冬場の防寒長靴と比べて見るととても「スリム」で「シンプル」なデザインだと思います。 「なんか拍子抜けだなぁ~」と思っているお客様、夏場に使用する長靴の最大の目的は「長寿命」です。夏場の長靴の最後は1位「折りきれ」、2位「カカトが磨耗→穴→浸水」の2つで占められています。  この問題をひたすら、考え、実際着用されるお客様のご意見を反映した結果、このカタチに行き着きました。つまり当商品、「長持ち」して「折りきれしない」、そんな夢のような長靴に一歩近いづいたモデルなんです!  「折りきれ不良」に関しては、当店も問題解決の方法を防寒長靴からもノウハウを把握しており、すぐ商品へ反映することが可能でした。実際ゴムの配合黄金率(当店企業秘密その1☆)を施すことにより、低温時、乾燥時、湿潤時、屈曲時、いかなる環境に対しても折り切れを発生しずらい生地に仕上げることが出来ました。  また、「カカト磨耗」については、根本から見直しながら、もっとも簡単な方法で問題を回避しました。そうです、「カカト」を取っちゃいました(笑)ほぼ平らな靴底にすることにより、どんなに特徴的な歩き方をされるお客様でも、カカトだけに圧力が集中することを避け、体重全体の圧力を靴裏全体で分散するため、局地的な磨耗を防ぐようになりました。  「カカトは取っちゃダメだろ~」と半信半疑のお客様、そうです、人間の体と同様、カカトは無くてはならないものですが、実はこの長靴、カカトを取っちゃった時に内部に細工をしており、詳細はお伝えできません(企業秘密その2☆)が、目に見えない長靴内部にカカトの働きをするクッションを設けていますので、カカトが無いということで思った以上に歩きづらい・・・といった事は起きなくなりました。  つま先とカカトが反り上がっているので、多少慣れは必要かもしれませんが、慣れてしまうとこれ以上に歩きやすい長靴はありません。  気になる重量は鉄心をつま先に内蔵していますので通常のゴルナガよりは重く仕上がっています。あんまり不用意に軽くすると耐久性が出なくなってしまうのですが、目安(イメージ)として防寒長靴くらいの重さ「1000g近辺(正確には900g)」に設定しました。  もともと、一日中長靴を着用されるゴルフ場で働くお客様よりアドバイスを頂き、誕生した長靴。「ゴルフ場の長靴」→「ゴルフジョウノナガグツ」→「ゴルフ・ナガグツ」→「ゴルナガ」と呼ばれるようになりました☆  今では北海道の大手のゴルフ場さんではたくさんのキーパーさんが使用しており、好評をいただいているモデルですが、なんともよく出来た長靴なので、今回はゴルフ場以外のお客様にご案内。 (1)舗装されていないお仕事環境の方(農家さんや林業の方)、 (2)土がむき出しの場所での作業(ガーデニングや庭いじり)、 (3)屈み作業が多いお仕事(畑作業) (4)芝生・路面樹の剪定作業 (5)疲れ軽減モデルの為、「よく歩く」作業の方 (6)現場で「安全靴着用」を義務付けられているお客様 にオススメです。しかし残念ですが、「耐油性」ではありませんので、「整備士さん」にはちょっと不向き、また靴底を柔らかいゴム配合にしているため硬い路面「アスファルト」上での作業では、思いのほか靴底が磨り減ることが予想されます。  色んな機能と、長寿命化を測るため、ちょっとコストがかかっちゃいました。夏用の長靴としては「決して安くは無い」モデルですが、履き心地や長寿命から感じることの出来る「後の満足感」を考えると決して高くはない長靴かもしれません。  ’10 プロノ オリジナル長靴”安全ゴルナガ” CKS 01KP 兼用 2010 春夏作 靴 最新作,人気

76LUBRICANTS ナナロク 裏フェルト防寒ラバーブーツ”ファイアーマン” No.76 RB1301F 最新作,人気

→こんなブーツもあります!! 【ページ製作者が語る商品の魅力!!】  この商品をはじめて見たのは2012年の春のことでした。。。実はこの「取っ手がついた長靴」っていうのは、以前にも「DICKIESブランド」で取り扱っていた経緯があり、それなりに実績もありましたから、今回、飛ぶ鳥を落とす「ナナロク」ブランドでリリースするという事から、二つ返事で取り扱いを決めました!!  そして半年後の12月、担当者より「ファイアーマンブーツが入荷した」との連絡があり、意気揚々と倉庫へ出向き箱を開けてチェックしたところ・・・、私(作者)のこの商品に対する期待は音を立てて崩れてしまいました・・・。 そうなんです、当店をご利用のお客様ならもう感づいたお客様も多いかもしれません・・・。 製品の仕上げが非常に雑でクオリティが低い状態で入荷 になっていました。これには私(作者)も泣きました。だってこの冬のシーズン、絶対「主役」になれる!と確信していましたから。ところが2足箱をあけても同じ仕上げ・・・、なくなくナナロク担当者へ報告をしました。  正直、見た目にもこだわるナナロクが仕上げで失敗しているブーツなど販売したがるわけがないのですが、今回、初売りも近いという事で、「こんな状態でもほしいと言ってくれるお客様がいらっしゃるなら、破格でお譲りしたい」とのコメントを頂き、この度再リリースする運びになりました。 【ココが残念ポイント。仕上げで失敗しておりました・・・。】 ■履き口・・・もっと切れ味のある刃物を使えよ・・・と突っ込みをしたくなるくらいのカッティングです。私がサンプルで見たときは切りっぱなしではあったものの、スパッと直線で綺麗な履き口でした(泣)。 ■筒部・・・・貼る前にちょっと左右並べてみてから貼ってくれよ・・・。と突っ込みを入れたくなるくらいの不ぞろいです。歩いていたり、動いていたりしていたら気になりませんが、両足をそろえると一目瞭然(泣)。足は常に前後させて立っていただけましたら大丈夫です(大丈夫ではない)。 ■ヒールカウンター・・・元来、ヒールカウンターはそこに片足を乗せて長靴を脱ぐ便利な装備ですが・・・、取れそうです(泣)。貼っている人も気が付かないのでしょうか?正直理解に苦しみます。 ■つま先・・・つま先の補強目的の2重貼りも、よ~く見ると不ぞろいです。 私の文面からも「おぉ~、いつになく怒っているなぁ」と感じていただけると思います。だって!! この商品、サンプルで見たとき、スッゲ~カッコ良かった んですよ。それが何故こんな姿になってしまったのか・・・、私も悪夢を見ているとしか思えません。 怒りの理由は他にもあります!!この商品、定価を見ても分かりますが、 きちんと完成していれば、当店でも1・2を争う暖かさを有したハイエンドモデル になるはずだったんです(泣)。あぁ~、マジで泣けてきました・・・。何が悔しいって 私が見たサンプルそのままの製品をご覧いただけないのが何より悔しい です。 【ホントはこんなに魅力的な商品!!ファイアーマンブーツ!】 ■ボディ・・・いわずと知れた原料であるゴムを高配合で混ぜ合わせた極厚ゴムを採用。厚さを有したゴムは断熱作用に優れるため、冷気を長靴内部へ伝えづらい特性を持ち合わせる。 ■裏フェルト・・・寒さ厳しい北海道でバンバン防寒長靴を販売する当店にとって、裏生地にフェルトを使うモデルは 氷点下5~10℃対応の極寒地モデル。 ボディよりも厚いフェルトを使用するのでコストもかかり、結果当店にとっては「高額・高機能防寒長靴」の分類に属される。 ■底冷え対策・・・何も寒さっていうのは外気から伝わったり進入したりするわけではありません。実は寒冷地における「長靴が冷える現象」の多くは、 長靴の靴底が接地するコンクリートやタイル、アスファルトから伝わる”底冷え現象” も要因として深く関わってきます当商品は底冷えを真っ向から向かい合うため、ゴツくて厚い靴底を採用し、ゴムが持つ断熱性によって床・地面から伝わる熱をシャットダウンしています。 ■一風変わったデザインが◎・・・になるはずでした(泣)。ただし、取っ手に見える部位は当商品にといてはファッション性の要素が高く、必ずしも正規品であったとしてもこの取っ手を使って脱ぎ履きするのはあまりお勧めできません。緊急の際ややむをえない時には、数回の使用であれば十分耐えうる強度は製造段階で持たせております。 どうです??問題がある商品だとはお客様にも知ってもらいたいのですが、それ以上に「きちんと機能性を果たしたハイエンドモデルだった」という事もあわせて感じていただきたいのです。 今回はナナロクも「不具合を認知していただいた上でご購入していただけるのであれば、破格でお譲りしたい」との事でしたので、「極厚ゴム」「裏フェルト」「厚底の靴底」これらを加味すると、絶対この価格では販売できないようなまさに「初夢価格」を実現しました!! ナナロクの名誉のためにもう一度大きな文字で書きますが、 見た目は確かに残念だが、機能性は一級品!! とだけお伝えいたします。 最後に作者である私が色んな想いでこのブーツを履いてみました(泣)。 身長:178cm、ウエスト:82cm、体重:67kg、普段履くスニーカーのサイズ:25.5cm、普段履く長靴のサイズ:Mサイズ の私が履いてみたところ・・・、 しっくりきたのはLサイズ!! でした。この長靴、珍しく内部に中敷を有していないタイプで、持ち前の保温性を実現するには お手持ちの厚手の靴下 を一緒に履かれると良いかもしれません。 どうか、私(作者)とナナロクの気持ちを汲んでいただける方、見た目は満足できない出来だとは思いますが、抜群の保温性は健在です☆是非、この破格値で当店トップクラスの防寒長靴を体感してみてください!! 76LUBRICANTS ナナロク 裏フェルト防寒ラバーブーツ”ファイアーマン” No.76 RB1301F 最新作,人気

76Lubricants ナナロク インナー入り防寒長靴 No.76 RB152W 爆買い,送料無料

■同じくインナー入りならコチラもおすすめ■ ■ご一緒にどうぞパイルソックス■ ■同じく76ならコチラもおすすめ■ 【ページ製作者が語る商品の魅力!!】 防寒長靴は、 重い。 防寒長靴は、 カタい。 防寒長靴は、 動きにくい。 その常識を、この長靴が覆します!!! 一見、何の変哲もないオシャレ長靴。 でも実は、かなり変わった長靴なんです。 それは、触ってみたらすぐにわかります。 長靴が、ペラッペラ!? ゴムの厚さ、驚愕の「0.5mm」。 薄すぎますが決して不良品ではございません(笑) そしてそのペラッペラの長靴の中に 極厚、ふわふわのインナー。 その厚さ、「12mm」。 そう、極薄のゴムと極厚のインナーを組み合わせた、 インナー着脱式の防寒長靴なんです。 インナー入りの長靴は探せば結構見つかりますが、 こんなにペラッペラな長靴はなかなかないと思います。 私(著者)は初めて見る薄さに、ある疑念が頭をよぎってしまったのです・・・。 「・・・こんなにペラッペラで寒くないの?」 「・・・すぐに折り切れて裂けちゃうんじゃないの?」 きっと誰もが思うことだと思います。 私は不安になり(笑)、例のごとくすぐさま開発担当者のもとへ走りました!! 1:「こんなにペラッペラで寒くないの?」 →「安心してください!!」 中の極厚インナーがしっかり断熱・保温してくれます!!このインナー、極厚なので 最初のうちは圧迫されて長靴が小さく感じると思うのですが、少しずつつ足の形に合わせて潰れていくので、ちょうどいい大きさになっていきます! さらに、このインナーのおかげでもう一つ嬉しいことが!長靴の中って密閉空間なので、汗を逃がせずどうしてもムレてしまいますよね。毎日履かなくてはいけない長靴が、昨日の汗で湿っていたら・・・それだけで朝からゲンナリ。しかも湿った状態ではどんどん足が冷えてしまいます。だからお仕事から帰ってきたら、すぐさまストーブの前に長靴を置いて、内側を乾かすと思うのですが・・・ちゃんと乾きますか??正直、完全には乾かないですよね(泣)。その状態で履き続けると、内部はどんどん不衛生になり、臭いのもとにもなります(T_T)しかし!この長靴は インナーが取り外せて、洗える んですよ~~~~~~!!!また、中が濡れてしまった時もインナーだけをストーブの前に置けばいいので、乾くのが早いんです!!ああ、インナー長靴を発明した方、本当にありがとうございます!!と叫びたくなります(感動!) 2:「すぐに折り切れて裂けちゃうんじゃないの?」 →「安心してください!!」 本体の大部分は厚さ0.5mmの1枚ゴム。よく屈曲する前面・甲部分は2枚重ね、かかと部分は3枚重ね合わせて補強しています。それでもペラッペラですが(笑) しかし、うっす~いゴムですが、ゴムはゴムでも、「天然ゴム」を80%以上配合した折り切れに強く弾力性のあるゴムを使用し、丈夫な長靴に仕上がっているんです!!さすがに金属など固いモノに引っかけたりすれば切れてしまいますが、それはどの長靴にも言えることですね。でも、どうしてわざわざペラッペラの長靴にしたの??って思いますよね!? これは履いてみたら納得!! ゴムが薄いから、めちゃくちゃ柔らかくて軽くて動きやすい んです!! 防寒長靴と言えば、暖かさと引き換えに固くて重くて動きにくいのが一般的。それが当たり前になってしまい、既に防寒長靴に動きやすさを求めることをあきらめてしまっているお客様もいらっしゃるのではないでしょうか? でも、あきらめないでください!ここにありますよ!! この長靴、重さは片足約810g(Lサイズ)。めちゃめちゃ軽い!!とまではいきませんが、当店一番人気の防寒長靴、重いことで有名なスターマリンは片足で1400gですから、約半分と考えるとやっぱり軽いですね(笑) この長靴を履いて 一番動きやすさを実感できるのは、屈んだとき。 カタい長靴は、屈もうとすると長靴が反発して足に当たり、スムーズに屈めなかったり、痛かったりします。これって結構なストレスなんですよね・・・。しかし、この長靴は柔らかいのでストレスなく思い通りの体勢をとることができちゃいます。「自由に動けるって、こんなに気持ちいいんだ!」と実感していただけるのではないかと思います!! 【実際に履いてみました!!】 早速当店の男性スタッフ2名に履いてもらいました!! 身長170cm、体重60kg、普段履くスニーカーのサイズ:26.5cm(たま~に26cmでも入るものがあるが、基本的に26.5cm)の男性に履いてもらったところ、Lサイズでぴったり でした!!薄手の靴下ではジャストフィットでちょうどよく、厚手の靴下を履くと少し窮屈に感じますが、 新品のうちはインナーがパンパンなので、履いていくうちに底の部分が足の形に合わせて潰れなじんでいくことを考え、Lサイズを選ぶ とのことでした!!もしくは、LLサイズを買ってインナーが足になじんでゆとりができたら、インナーの下に中敷きを入れて調節するのもよさそう~とのこと!それなら最初に窮屈な思いをすることもないですし、いい考えかもしれません☆ また、 身長:178cm、体重:71kg、普段履くスニーカーのサイズ:25.5cm(Nikeは26.5cm)の男性に履いてもらうと、Mサイズでぴったり でした!上の男性同様、最初はインナーの厚みで少しパンパンな感じはありますが、Mを買うとのこと。Lを履くと、履き心地は最初はLの方がしっくりきたらしいのですが、インナーが足の形になじんだ後を考え最初は少し小さく感じても、Mがいい!!とのことでした!! この履き心地のよさは、履いた人にしかわかりません。 今の防寒長靴が、重い。カタい。動きにくい。汚い(笑)。とちょっとでも思った方。 軽くてやわらか~くて中のインナーが洗える清潔な長靴。 ぜひあなたの足でお試しください!! 76Lubricants ナナロク インナー入り防寒長靴 No.76 RB152W 爆買い,送料無料

76Lubricants ナナロク PUパンチングレザーデッキシューズ No.76Red SN1402 お買い得,高品質

■前作はコチラ■ ■相性抜群!UNION76キャップ■ 【ページ製作者が語る商品の魅力!!】  当方北海道は、札幌からも多くに見える山々がうっすらとオレンジ色に色づき始めて「秋がどんどん深くなる」感覚が日増しに強く感じられるようになりました。皆様のお住まいではいかがでしょうか?何故かあれほど暑くて嫌だった夏があっさりと過ぎ、秋がすぐそこまで感じられるのは、ちょっと寂しい気持ちにもなりますね。。。  さて、今回ご紹介する商品はそんな、ちょっとセンチな気分(古ッ)も吹き飛ばすMAXテンションでお伝えする商品です!!もう既に画像もご覧いただいたと思いますが、 ナナロク・レッドボール・デッキシューズ のご案内です☆いやぁ、夏場にナナロクの「シューズ」をお伝えするのっていつぶりですかね??「いやいや、ナナロクって言ったら靴か、安全靴でしょ!」っていうお客様、確かに品揃え的にもナナロクには靴や長靴、安全靴が多いのですが、 実は夏場に先芯無しの普通のシューズをリリースするのは”2年ぶり” なんですよ(笑)。  今年(2014年)は、夏のシューズとして「サンダル3種」も出しましたが、今回はその流れと同等の 使用用途としては、ライトユース、つまりは、仕事用ではなく普段履きを想定した デッキシューズのご提案です!!サンダルと同じ・・・というのは実はついているマークで判別が可能であり、このデッキシューズについているのは「レッドボール」、つまりはカジュアル・ライクなデザイン性とフォルムにこだわったアイテムのようです。  本来であれば、この形を見ると真っ先に思い浮かべるのは「コ○バース」の「オー○スター」ですよね?自分もあの靴は大好きです。昔のNBA(アメリカのプロバスケット)プレーヤーがあのシューズを履いてプレイしていたというのですから、驚きがあることと数十年経ったいまでも販売され続けている事に、製造・小売業の当店にとっては、ただただ尊敬し目標にしたい理想のアイテムですよね。 ただ、今回ご紹介するシューズをどうしても「ローカット・バスケットボールシューズ」とは言えませんでした。何故かって?それは、 靴底がバスケットシューズの底とは余りにも違いすぎた からです。バスケットボールは、左右の動きと前後運動はクイック&ストップが常に発生するのでグリップ力が重要なんです。そのため昔のバスケットボールシューズには「生ゴム=アメ色」のソールを用いていたほど。ただ今回のシューズの靴底は フラットタイプのデッキシューズソール を採用しています。  「なんだよ、それならパチモノじゃん」っていうお客様、確かにバスケットシューズとは私も決して言えませんが、それがパチモノというかどうかは別問題です。バスケットシューズとして販売していたらそれはパチモノにもなるかもしれませんが、当店ではあくまでデッキシューズとして発売いたしますし、何より私生活でバスケットの試合のような、左右の動き、クイック&ストップの動きってまずありえませんから、バスケットシューズほどのグリップ力はそもそも必要無いとの見解で、見た目もライトで軽快なデッキシューズソールを採用したのだと思います。  と同時に、靴底の説明をさせていただいた時点で実は「何故レッドボールなのか?」っていうギモンにもお応えしています。 そうなんです、このシューズは、 お仕事用ではなく、あくまで普段履き・カジュアル用としてご提案☆ 差し上げます。なるほど~。ですから先に発売されたサンダルと同様の「レッドボール」であり、ガチガチのワーク用に採用されているマーク「オレンジボールでは無い」理由がそこにあるんですね~。 【ワークではないが、コダワリのポイント光るレッドボールモデル!】 ■スタイル・・・最近、流行ってますよね~。この「ペタペタ甲低」スタイル。私の足は決して甲低扁平ではありませんが履いてみると「履く時だけちょっと時間がかかる」だけで履いてしまえばかなりのフィット感。この手の甲低シルエットに人気が出るのが良く分かります。靴の中で足が遊ばないので、長時間歩いても疲れを感じにくいことと、まるで素足のような抜群なフィット感は、別に甲が低い・普通・高いに関らずきっとたくさんのお客様にご満足いただけるシューズに仕上がっていると思います。 ■デザイン・・・清潔感溢れる「ホワイト」は仕事用であれば真っ先に嫌われるカラー(笑)。その「ホワイト」をイメージカラーに持ってきているんですから、このシューズが清潔感とローカットの清涼感、そして「ホワイト」のカラーでとにかく 軽快で活動的なイメージ(普段履き) を想定しているのが良く分かります。アッパーボディは、PUを加工したレザー調仕上げで細かいパンチ(穴)をあけており、ここでも軽涼感を演出しています。 ■履き心地・・・上述通り、とても素足にフィットした履き心地は長時間使用してもそんなに疲れが出そうにもありません。本体に内蔵されているインソールも衝撃吸収を目的としたウレタンの中敷を使用しており、クッション性も抜群です。 ■靴底・・・・・しっとりとしたラバーソールを採用。再三お伝えしたとおりデティールは「フラット底」を使用しており、運動靴というよりはズック・デッキシューズに多用される靴底を採用しています。「滑りやすいか」といわれれば実はソールと地面との接地面積の大きさ、使用されている靴底にはグリップ性の高いゴムを採用している事から 「滑りやすい」 という事はありませんが、濡れたタイルの上や氷の上などでは接地面積のメリットが活かせませんので注意が必要です。  どうです??作業服屋である当店が仕事用を紹介しないっていうのが何とも(苦笑)ですが、それでもナナロクの持つデザイン性の高さや普段使いであれば、巷のスニーカー並にこんなにカッコイイアイテムをご紹介できるのであれば、そりゃ当店だってお勧めいたします。  ご覧の通りデザイン自体はシンプルなのでジーンズに合わせても、カラーボトムに合わせてもバッチリなスタイリング。とてもコーディネートがしやすいアイテムです。  最後に私が手元に届いたナナロク・デッキシューズを実際に履いてみました! 身長:178cm、体重:71kg、ウエスト:82cm、普段履くスニーカー:25.5cm(Nike-26.5cm) の私が履いてみたところ・・・、 ミドル丈ソックス1枚履いて25.5cmでピッタリ☆ でした!!慣れるまでは履くときにちょっと時間がかかるかもしれませんが、慣れてしまえば問題ないです。靴紐を緩めてからじゃないと入りませんので、普段のスニーカーの紐をダルダルに緩めて履いているお客様は、ちょっと最初は面倒に感じるかもしれません・・・。  ナナロクが打ち出す「仕事以外もナナロク三昧」シリーズ、サンダルに続いてデッキシューズもリリースしましたので、是非今年の夏サンダルをご購入いただいたお客様はこのデッキシューズも手に入れてもらいたいな~って思っています。 76Lubricants ナナロク PUパンチングレザーデッキシューズ No.76Red SN1402 お買い得,高品質

'13 プロノ オリジナル防寒長靴スターマリン ”STARDUST” STM013ST *長靴 メンズ ゴム長* 最新作,人気

→長靴をアップグレード!暖かさが違います! 発売予定日 発売中 掲載日 掲載中 【WEB製作者が語るイチオシポイント】 今年の『スターマリン』は全カラーが「別デザイン」というこだわり!すでに発売開始させていただきました【ロゴスター】と【ブラックアウト】に続き【スターダスト】が満を持して登場!! ・・・となる予定でした。しかし!!到着した長靴を確認してみると衝撃の事実が・・・ 商品毎に個体差はあるものの・・・「グレー」のゴムシートを使用した部分に何となく「黄色っぽさ」が・・・。製造工場に確認したところ、仕上げの段階で「黄変」(おうへん)が発生している可能性があることが判明・・・。 この黄変、表面の仕上げ剤が酸化して変色しているらしいのですが・・・他の部分に問題が無いだけに残念(泣)気にならない範囲のものもあるのですが、時間経過によって変色の度合いが変わる可能性も考え、今回はこの【スターダスト】約500足を販売させていただくことといたしました! 今年のスターマリンは、どのカラーも過去最高の仕上がりだと感じていますが、こちらのスターダストだけは「もう一歩」というところでした。価格と通常価格よりもお買い得に設定しましたので、スターマリンのお試しモデルとしてもご検討くださいませ☆ 基本的な構造は他のスターマリンと同じ。とは言え、毎年、新しいファンを作り続けているスターマリンですから、始めてのお客様のために今一度、きちんと商品の説明をさせていただきますね。 【スターマリンにあって他の長靴にないモノ】 ■抜群のゴム質・・・結構見た目が斬新なので見た目がすべてと思われがちですが、スターマリンの「命」はこのゴム質以外ないと言っても過言ではありません。通常の長靴に使用されているいわゆる「ゴム」は「ゴム+その他化合物」で生成されています。実はこの部分がかなりナーバスな問題でして、この化合物が少なすぎてもダメ、多すぎてもダメというシロモノなんです。メーカーさんのノウハウが活かされる場面です。 ですから、長靴メーカーではこの「ゴム+化合物」の割合は企業秘密なんです。当店もこの割合には毎回細心の注意を払っており、当店のゴムの品質の特徴は一言でいうと「ゴムの割合が高め」という事です。 「そんな、見た目で分かんない事言われても信じられないよ。」というお客様、全くその通りですが、 実はゴムの配合率の高さは見た目でわかるんですよ!ゴム質が高くなると、表面はしっとりしてゴムに柔らかさ弾力が生まれます 。これこそゴム質の高さであり、品質の高さなんです♪ ■ゴムの厚さ・・・前記に付随しますがゴム質が良くなると、生地を厚くすることが可能になります。「品質と厚さって関係あるの?」とお思いになるお客様も多いと思いますが、実は 「ゴム質に自信が無ければ、生地を厚くしちゃダメ」 なんです。よく見る光景の一つに「カピカピ・カサカサになってヒビ割れを起こしている長靴」って見たことありませんか?あれは表面のゴム質が変質した証拠で、伸びたり縮んだりするとやがて亀裂が入って長靴としての一生をあっさり終えてしまうんです。ゴム質が悪ければ悪いほど、乾燥しやすく、またひび割れも起こしやすい。それなのに厚くしてしまうと、もっと破損が酷くなってしまうんです。 スターマリンのゴム生地の厚さは1mm+裏生地2mmの3mm厚。ゴム質の厚さは自信の厚さ。 そう思ってもらえると嬉しいです。 ■オール手作り・・・今や何でも全自動。車だって電話だって、お米だって全て自動の世の中です。長靴の世界も同じでラインと呼ばれる工程に部品を乗せたらあとは機械が作ってくれます。 がしかし!スターマリンはそれを許しません!ボディに輝くスターのパーツ、幾重にも重なり合うカラフルなゴムパーツ、これらをボディに綺麗に接合するのはもはや機械では不可能なレベルで、これこそがスターマリンの入荷日が遅れる原因であり「こんなめんどくさい長靴、作ってられるか」と、工場から愛想を尽かされる要因なのです。スターマリンは基本、職人さんの手作り。ゴムを切る、貼る、貼り合わせる、整形、全てが手作業で行われるとっても手間と時間がかかっている長靴なんです。 とまぁ、ここまでが「スターマリンって見た目だけじゃない」っていうお話でした。そしてここからは防寒長靴としてのスターマリンを見て見ましょう☆ 【防寒長靴としても凄い!スターマリン!】 ■断熱性・・・結構誤解されているお客様も多いんですが、 この断熱っていう言葉は「熱さも冷たさも遮断する」 っていう意味です。スターマリンの断熱は自慢の「ゴムの3mm厚」とゴツイ靴底です。本来、ゴムは熱さも冷たさも伝えやすい物質です。そのゴムを徹底的に厚くすることでゴムの苦手な断熱をさせる事が出来ました。 例えば北海道の雪道では、靴底が地面に触れているだけで冷たくなってきますよね?!これがスターマリンでは起きないんです。 そして冬の水溜りや深雪での作業の時には、靴底の他にボディからも冷たさが伝わってしまいます。これがスターマリンでは起きないんです。 ■断熱と保温・・・似た言葉ですが、意味合いは結構変わってきます。 断熱は前述通り「熱さも冷たさも」ですが、保温は「温かさを保つ」っていう意味 ですから、冬用の長靴であればこの保温にも気を配らないと「あれ?ゴツイ長靴買ったのに全然暖かくない↓↓」っていうこともしばしば。。。 スターマリンの保温の秘密はずばり裏生地にあり。先ほど「3mm厚」とお伝えしたのは断熱である「ゴム」の部分、実はその他に「8mm厚」のウレタンを裏生地に貼り付けています(驚)。そう、スターマリンの本当の生地厚は11mm が正解なんです。 是非、 他の長靴もご覧になっていただきたい箇所ですが生地厚が10-11mm なんてほとんどドコでも売ってません。当店でも冬用防寒長靴で一体式(インナーとボディがくっ付いている)モデルでは、最高の生地厚なんです。そして8mmのウレタンが足から発せられる体温熱をスポンジの中に取り込むわけです。スポンジの中に取り込むわけですから、スポンジは大きければ大きいほど、また厚ければ厚いほど多くの体温熱をとどめておくことが出来るのです!! どうです?スターマリンを毎年お買い求めいただいているお客様からするとどれも「ミミタコ」な話ですが、スターマリンを知らず本当に足が寒くて困っているお客様がいらっしゃるのであれば、当店は何度もお伝えしようと思っています。 ここからは、初めてのお客様もリピーターのお客様もお楽しみな部分です☆そう、やっと2013年度版のデザインのお話です!! 今年のスターマリンはとにかく個性的でファッショナブルに仕上げたつもりです。カラーも豊富で恐らくお選びになるお客様も迷ってしまうほどです。 【ロゴスター】 当店をはじめ、北海道のの実店舗プロノで販売する共通モデル。店舗在庫分も有しているため、恐らくシリーズ中、一番長く販売できるモデルだと思われます。特徴はなんといってもボディ側面にプリントされたスターマリンロゴ。イエロープリントとソールのイエローラインが引き立ちます。ツナギで人気のカーキ色を採用しています。 【スターダスト】 ボディに無数の星を散りばめたシリーズ随一のロマンティック・モデル。無数の星屑とはうらはらにボディの色調はぐっと抑えたグレーなのでオトナなダンディーが履いても全く違和感がありません。 【ブラックアウト】 一昨年もこの真っ黒モデルを作ろうとしたら、仕上げに失敗し結局アウトレットで販売した苦い経験を持つカラー。実は真っ黒く仕上げるのは非常に難しく、今回懲りずに二回目の挑戦でやっと納得のいく真っ黒モデルが出来ました☆真っ黒なのに、何故かボディーのスターが際立っているように見えるのは私だけでしょうか?? 重さは、今回劇的に改良され、前作よりも100gほど軽くなり、1000g(片足)を下回る重さに改良されました。それでも重さは感じますが、これくらいないと北海道の極寒は凌げませんのでどうかご理解いただきたいところです。  アウトソール(靴底)は、前作を踏襲し歩くたびに「5つ星」が足跡になるお茶目なソール。まだまだ真夏ですが、早速出来上がってきたサンプルを実際に履いてみました!!身長:178cm、体重:64kg、ウエスト:82cm、普段履く長靴のサイズ:Mサイズの私が履いてみたところ・・・、Mサイズでよかったです!!このテの長靴をサイズを調整してもジャストフィットにはなりません。 むしろ、ジャストサイズを選んでしまうと、外気の冷気がスターマリンのボディを伝って、内部の温度を下げてしまいます。防寒長靴はジャストフィットはしませんが、「適度な隙間は必要」との認識でお買い求めされよう、宜しくお願いいたします。 '13 プロノ オリジナル防寒長靴スターマリン ”STARDUST” STM013ST *長靴 メンズ ゴム長* 最新作,人気

76Lubricants ナナロク インナー着脱式極寒ビーンブーツ No.76 DB1308 最新作,人気

→長靴をアップグレード!暖かさが違います!【昨年モデル(改修済み)はコチラ】 → 発売日2012年9月25日頃予約販売の有無予約販売の予定はありません。 【ページ製作者が語る商品の魅力!!】 疲れた・・・、本当に今年のナナロク新作ラッシュにはいつも予定を狂わされてしまいます・・・。だっていつも突然リリースですから、こっちも製品が届いたらすぐ掲載しなくちゃならず、もうこうなったら事前に予定されていた掲載商品は遅れるわ、発注業務に追われるわで、当店内はいつもてんやわんや。でもスケジュールを狂わしてでも掲載しなきゃと思えるナナロクの新製品にはいつも魅力を感じずにはいられません。 そして、本日も!予定していた肌着の掲載を押しのけて ナナロク・ビーンブーツの発売です!! 「いやいや、もう出てるでしょ!ほらあの赤と黒の・・・」というお客様、それは「2012年モデル」ですよ☆。ナナロクはちゃんと今年のモデルも作っていたんです!!そう今回のモデルは 2013年モデル「ナナロク・アルミ蒸着フェルトインナー・ビーンブーツ」 です!! 前回のビーンブーツもそれなりに人気があったのは事実です。当時(2年前)、防寒作業用品であんな靴出しているのはナナロクでしたから目新しさで売れたという事もありました。その後各メーカーさんや、アウトドアブランドからもう溢れんばかりにビーンブーツが発売になりました。  当店では、昨年モデルに「デザイン上の致命的な初期不良(後ろ身のPU製テープが寒さで割れる)」が発見され、改良を行い再販売に至りましたが、やはり初期に発生した不良は多くのものを失ってしまいました。(※現在、販売しているのは製品上問題ございません。)  新発売から3年を経過し、初期不良も発生させてしまった前モデルは「そろそろフルモデル・チェンジをする良いタイミングかもしれない」と今回の新作が生まれるきっかけになったのです。その際、3年間販売してきた前モデルをお客様の声、販売した店舗の声を元に徹底的に分析・改良し、まさに前作とは似ても似つかない全く新しい「ビーンブーツ」に生まれ変わったのです。 【ここが変わった!新作ビーンブーツ!!】 ■なんか子供っぽいんだよな~の声・・・売っている私たちからすると全くそんなつもりは無かったのですが、お店に寄せられた声ではどうやら前もモデルの黒と赤のコンビがちょっと子供っぽく見えてしまったお客様もいらっしゃるようです。そこで今回は誰がどの角度で見ても「クールな大人用」として認知してもらえるオールブラックにしました!!ビーンブーツって大きく分けるとそのカラーリングは2種類くらいしかなくて、(1)カーキ・ブラウン色と(2)オールブラック色くらいしかないんです。やっぱりワーク(仕事用)なので、オールブラックの方がお客様が喜んでくれるのではないかと思いオールブラックにカラーを統一させていただきました。 ■暖かさを感じないんだよな~の声・・・アウターのコートやブルゾンでもよく見かける「襟ファー」。あれって本当に暖かいと思います??確かに何もないよりは暖かいかもしれませんが、雨に濡れたら最悪ですし、冬場天候が荒れる北海道では真冬時にあのファーをついたアウターを着ていると氷の玉がついて後が大変になります(汗)。私が思うに襟元のファーって「暖かさを”演出”する要素」だと思います。つまりあのファーを見て「お、暖かそうだ」とか「お、おれは冬物だな」と一目で防寒用品だと認知できるのです。当モデルに使用されている履き口のファーもまさにその通りであれ自体が暖かいワケではありません。ところが!全モデルではそのファーが見えていたにも関わらず、「暖かそうに見えない」という声をいただいてしまいました。実際、暖かさは怪物級なのに見た目が暖かそうじゃないっていうのは正直大きなマイナスポイントでした。 そこで、今回の新製品ではとびきり暖かそうなファーを取り付けて 見た目も、実際の暖かさもどちらも暖かい! を完成することが出来ました。 ■対応が大変だったよ。。。の声・・・そうです、前モデルが終了するきっかけを作ってしまった大きすぎる”誤算”でした。そう、前述の初期不良を発生させてしまったカカトから履き口まで一気に伸びるテープ割れの一件です。当店も販売をすぐに中止しお買い求めいただきましたお客様へご返品かご返金の対応をさせていただきました。製品の初期不良ってお買い求めいただきましたお客様にも多大なご迷惑をおかけしてしまいますが、回収対応に追われる販売店舗も大変なコスト増になります。そんな忌まわしきポイントを新作のモデルで確認してみたところ・・・ 凄いぶ厚い生地に変更され、テープ幅も2倍くらい太くなっていました!! ナナロクにとってもよほど効いたんでしょう。「もう絶対にお客様をがっかりさせない!」、そんな意気込みがこのテープだけから感じ取れます(感動)。 そのほかのポイントはほぼ前作通りですが、 やっぱりファーがふわふわの立ちファーになっているのが前作と比べても相当暖かさを演出しています。まったく別物に見えますね☆ 。早速、本日届いた製品版を確認しましたがまずすぐ思ったのは、 (苦笑)やっぱ重いな~。貫禄の940g(片足:Lサイズ) は、極寒の地で暖かさを得るために「軽量感を失った」大いなる代償です。ただこの代償が元で当店品揃えでもトップクラスの暖かさを得ることに成功しているも事実。正直片足で1000g近くなってしまうと女性のお客様にはすすめずらいアイテムになるのですが、男性のお客様ならさほど重さは気にならないのではないかと思います。  重さの一因を担っているのが、 ぶ厚いフェルト地のインナーソックス が内臓されているからです。しかも外側にはギンギラのアルミが貼り付けられています。「ほるほど。そのアルミで暖かいわけね」っていうお客様、だいたいはそうなんですが正しい答えは「ボディを伝ってきた冷気をアルミで弾き飛ばす」っていうのが正解。アルミには「熱のふく射作用」があるんで、熱かろうと冷たかろうと熱は熱、っていうことでばんばん反射させていしまいます。つまりはインナーソックスの表素材のアルミ素材で冷気が中に伝わってこないので保温力が向上するわけです。案外、科学的・理論的に出来ているんですこの靴☆巷の「あったかいよ~、オススメだよ~」ではなくて「何故暖かいのか、そしてお客さまのお住まいにこれほどの暖かい靴は必要なのか」当店はそこを大事にお伝えしていこうと思っています。  この靴は全てのお客様に必要な防寒靴なのか?私が思うにそれは「NO」です。この靴、 適応気温:-10℃→0℃の極寒地用 なので、まず大前提にご使用されるお住まい・お仕事環境が「最低気温0℃」になるところじゃないと、汗かいてしまいます。そしてこのブーツ 完全防水ではなく、ボディ(アッパー)は浸水・濡水の可能性 があることもお伝えしなくてはなりません。事実上、靴底から12cmくらい上までは、ゴムで出来ており防水なので安心ですが、それより上はアウトです。つまり 工事現場や職版環境で常に靴が水に浸かっている環境ではオススメできません。 何かの拍子に水が入ってくる恐れがあるからです。ただ 「深雪はOK」 だと思いますよ。雪はふわふわしているのでボディについても歩いているうち風圧で吹き飛んでしまいます。水分を含んだ雪でも多くは表面に留まるので手でほろえば問題ありません。「雪が降って、0℃くらいのそこそこ寒い地域」にはもってこいですね。  その他、匂いがきになってきたら、インナーだけ取り外してお洗濯をすることも可能です(漬け置き)。紐をきゅっと絞っていただけましたら見た目は野暮ったいですが、思いのほか機敏な運動(走ったり)は可能ですし、緩めておけば脱ぎ履きが非常にラクで通勤・通学時にも使えます。   生粋のナナロクファンはもちろんの事、車屋さんスタッフの除雪用アイテム、冬場の屋外レジャーアイテム、釣りなどの動きが少ない行楽用ブーツとして、雪の降らない地域ではシフトチェンジの必要の無いビッグ・スクーター・ライダーの足回りにも最適 なアイテムだと思います。  最後に私が実際に履いてみました!! 身長:178cm、体重:67kg、ウエスト:82cm、普段履くスニーカーのサイズ:25.5cm(Nikeは26.5cm)、普段履く当店オリジナル長靴のサイズ:26.0cm(Lサイズ) の私が履いてみたところ・・・、 ぴったりきたのはMサイズ!! でした。履いたときはちょっとキツく感じたんですが、インナーソックスのボリュームが一日履いていればそこそこ落ち着く(潰れる)のでMサイズとしました! ちなみに私は前作を履いてただいま歩いて40分、会社へ通勤しています。このビーンブーツの底知れぬ暖かさは1年使用している私(作者)が保証いたします!ただちょっと重いので慣れるまで一苦労(笑)です・・・。寒さには変えられませんよね☆ 76Lubricants ナナロク インナー着脱式極寒ビーンブーツ No.76 DB1308 最新作,人気

76Lubricants ロングラバーブーツ No.76 RB1202 * メンズ おしゃれ レインブーツ* 最新作,人気

→もう少し短いタイプが欲しいという貴方には 【WEB製作者が語るイチオシポイント】  出ました出ました!ナナロク長靴の新作登場です!!お馴染みのショートタイプとはうって変って全体的なカラーは「ブラック」「レッド」の単色でのデザインになっています。 しかし!!靴底付近のデザインが・・・そうですチェック柄のアクセントが入っているんです!! さすが「ナナロク」と言うべきでしょうか(笑)新作が出る度に飽きさせないナナロクらしいデザインです(喜) そしてそして気になるナナロクの「ロゴマーク」は側面部分の「(通称)オレンジボール」と後ろ側の「UNIONロゴ」の2ヶ所のみ。ほんとに「シンプルだなぁ」という印象の長靴です。 これなら長期間履いても飽きが来ないですし、ハードワークの方や汚れることの多い方はもう一足欲しくなってしまいそうですね(笑) 今回の新作は丈の長さも見た目通り「長め」ですが、履き口部分に「フード(キープ)」と呼ばれる部分が付属しているので履き口部分の隙間から水が入ったり汚れが入る心配もありません。 付属のシューロック(紐止め)でキュッとふくらはぎ部分にフィットさせれば程よいフィット感で履ける印象です。 本来であれば通常価格の「4,000円」で販売開始とさせていただく予定だったこの新作。 以前、入荷した「防寒モデル」の時のように「アウトレット」扱いにさせていただく程では無いもののハンドメイドならではのプリント部分の微妙な歪みやずれが生じておりました。 本当に残念ですが、「完璧」とは言えない部分があったので、今回の入荷数量「200足」限定で特価販売とさせていただくことにいたします! ナナロクの長靴としては間違いなく最安=かなりのお買い得!しかも、送料無料!! 泣いても笑っても完売になり次第、販売終了させていただきますので、気に入っていただいた方はお早目にどうぞ! 気になるサイズ感ですが・・・身長168cm、体重58kg、普段履くスニーカーのサイズは25.5か26.0cm(コンバースやナイキだと26.5)の私が履いてみたところ、ちょうど良いと感じるのはLサイズでした! フィット感を求めないのであれば「LLサイズ」でもいけるかなという印象です。 全体的に少し細見なのにあわせて足の甲部分が低いので、甲高の方や屈む動作の多い方には1サイズ大き目がお勧めです! 76Lubricants ロングラバーブーツ No.76 RB1202 * メンズ おしゃれ レインブーツ* 最新作,人気

TB 76Lubricants ナナロク インナーソックス着脱式多目的アウトドアブーツ No.76 BB1507T 新作入荷

■ご一緒にどうぞパイルソックス■ ■より現場向き長靴はコチラ■ ■こんなのもあります■ 【ページ製作者が語る商品の魅力!!】  いよいよ、待ちになったナナロク・ウインターシューズの新作たちがどんどん掲載になっていきます!!今年は特に入荷が遅れているので、「まだぁ~??」っていうお問い合わせも既にたくさん頂いておりますが、なるべくスピーディに、そして中身の濃い内容で一つ一つ、ご紹介差し上げます!!  既に2014年冬モデルとしては2作目となる今作は、当店としても毎年チャレンジしている商品「ビーンタイプブーツ」です!!実は、当商品に至るまでこの商品は4世代またいでおり、今作が5作目でチャレンジして5年目に突入するアイテムです!ここまで到達するに紆余曲折を経ており、5作目となる今作で「完全なる集大成」になったのではないかと思っています!! 【まさに歴史が物語る!今作の完成度の高さは過去の反省にあり!】 ■改善・・・この商品を語る上では、修正・反省・改善というワードは絶対に外すことができません。初代作では「カカト」に爆弾を抱えており、販売する時には一足一足、検品しアウトな商品は工場へ送り返し・・・なんてこともやっていました。2作目はインナーにヨレがありこちらも検品後の発送、3作目はボディ後ろの縦に伸びる帯が使用後冷気により割れてしまうという欠陥品を発見。。。発売を中止して全量を工場へ返品・・・(泣)、4作目は全てを解消した夢のようなモデルが出来たのですが、まさかの年末入荷・・・ということで欲しい時に欲しいと思ってもらえるお客様に行き届く販売にはなりませんでした・・・。 しかし!!2014年モデルが全て解消です!!今までの反省を活かしつつ、長持ちするする要素を商品に織り交ぜ、そしてドンピシャなタイミングでご紹介 できました!! ■全ての根源・・・不良や欠陥が前作で立て続けに発生していた要因はずばり「工場による品質管理チェックと維持」が出来なくなっていたことです。そこで今作からは 工場だけではなく、なんと製造国ごと変更 しましたので、ほぼ品質管理による欠陥や不良は発生しないのではないかと思っています。やはり、最高の逸品を作ろうと思ったら最高の工場で作るのが一番です。 ■ディティール・・・貼り付けに使用されている各パーツ、縫い目、紐、接着剤、全てにおいて「完璧な仕上げ」です!!中でも自慢のソールは 雪が詰まりづらい波底に、サイドまで巻き上げ接着するワイルドかつ、アウトドアライクな 仕上がりです。正直、今までの靴底はどうしても「取ってつけた」感が否めませんでしたが、今回は ボディとソールが完ッ璧にマッチします!! きっと画像をご覧いただいている多くのお客様にカッコイイと思ってもらえる商品だと思っています。 ■保温機能・・・「見た目はゴツイけど・・・、温かさはどうなの??」っていうお客様、ナナロクが手がける商品に「機能性を無視した」商品はありませんよ。靴底には一流アウトドアブランド顔負けのソールを装着し、ボディのアッパーには強度の高いナイロンで構成されたハードな仕様、着脱式のインナーソックスには保温効果の高い「フェルト」をし、履き口には温まった空気を外気へ逃がさないように20mm厚のボアをつけました。ここまでやって寒いわけがありません! きっと、適応する外気温は-5℃、厚手の靴下を履くと恐らく-10℃まで対応 すると思います。数多く防寒長靴を取り扱う当店でも「トップクラスの暖かさ」を保持しているまさに、プロフェッショナルモデルです。 ■コーディネート・・・普段着でも履き倒してもらえるように、カラーは極端に抑えました。2作目は「赤」で作ったんですが、普段着ではなかなか使いづらいモデルになってしまったことの反省です。今作は防寒着にも、カジュアルや、ジーンズスタイルにも相性バッチリ☆ 最後に実際に私が履いて見ました。さすがにここまで作りこむと重さもかなりのものです。 片足重量=1050g という事で立派なヘビー級です。 普段履くスニーカーのサイズ:25.5cm(Nike:adidasは26.5cm) の私が履いてみたところ、 普通の靴下着用でLサイズでピッタリ でした!!足掛け5年でここまできたナナロクのプロフェッショナルビーンを是非手にとってみてください! TB 76Lubricants ナナロク インナーソックス着脱式多目的アウトドアブーツ No.76 BB1507T 新作入荷

ピンスパイクシューズ 耐油配合底 KMP 1500 2016 WEX 靴 最新作,人気

【WEB製作者が語るイチオシポイント】 鋭意制作中! ピンスパイクシューズ 耐油配合底 KMP 1500 2016 WEX 靴 最新作,人気

AP BOOTS インジェクションレンジャーブーツ MOTO 3 正規品,高品質

■お揃いのパンツはコチラ■ 必見、製作者が語るアピールポイント!! 当店のご利用のお客様、日頃から当店をご利用いただきありがとうございます。 ここ最近からお付き合いがはじまりましたお客様なら違和感など感じないかもしれませんが、当店を長らくご利用のお客様なら品揃え面できっとちょっとした違和感を感じているんじゃないかと思っています。それは・・、 あれ?今年、長靴の品揃え、少なくない?? っていう事です。「あ、それ思ってた!!」っていうお客様、かなり当店ツゥだと思います。長靴が去年よりも少ない気がする。。。っていう感じは実は「大正解」。昨年と今と比べると実に商品品目数で「4割減」、在庫数で「2割減」と確かに昨年よりも減っているんです!!凄い!! 「売れてます!みたいな説明が多かったけど、実際はそうでもなかったのね・・・」っていう悲しみにふけるお客様、そんな事はないですよ。当店は、靴屋さんではないけど常に楽天市場レインシューズ部門では「1位」になっていたお店です。そんなお店が「売れていない」という事であれば2位以下のお店さんはもっと大変な思いをしていることになります。。。 実は、今当店内で一体何が起きているかというと、「脱中国」路線なんです。政治的なお話ではないです。あくまで「ビジネス」として中国から現在、他の主要国に製造の拠点を移しつつあります。兼ねてより進めていましたが今年2014年度が一番「中国から他の主要国製」に切り替わった激動の年となりそうです(まだ2014年が終了していないため)  っていうことで、今まで中国製が多かった靴部門がアセアン主要国製に切り替わっていますので、品目も在庫も減っているんです。ですからご心配はご無用、これから遅れを取り戻すためにジャンジャン新商品を掲載していきます★ そして、今回ご紹介する商品が「脱中国」モデルです。それでいて、今までの当店の長靴の品揃えにはない”全く新しい”長靴のご紹介です!!  この業界、何かと長くいるので長靴を見てもそうそうテンションが上がることってそんなにありませんが、それでもこの商品を見た時はテンション上がりましたね★だってこんな長靴、見たことないです(笑)。何とも一言でいうと「無駄(笑)」といえるパーツがたくさんついており、それが何ともいえない魅力に繋がっています。なんていうか・・・、カッコイイ!っていうか・・・、そう! 小さい頃熱狂していた、ヒーロー(戦隊)が履いている靴 に見えませんか↑↑そう思えた瞬間、私にはもうそれにしか見えなくなってしまいました。 小さい頃、熱狂してテレビにかじりついて観ていた幼少時代も気が付けばいつの間にか観なくなっており、その時代時代で興味が移り変わりいつの間にかオトナになってしまいましたが、やっぱり小さい頃に見ていた印象っていうのは残っているものですね、そう思えた瞬間この長靴がとても愛おしくなってしまいました。 品番には、「MOTO-3」と書いているのできっとモチーフはモトクロスなどのオートレースに使用するシューズを想定してつくられたんだと思います。素材は 塩化ビニル を使用しています。一般的な長靴は「ゴムで出来ている」ので素材に大きな違いがあります。 それと、デザイン・装飾上、とても凝ったデザインだと思われますが、 つなぎ目の無い、一体成型(インジェクション)モデル!! です!!「一体成型って?」っていうお客様、一体成型っていうのは簡単にいうと「たい焼きのプレート」みたいな型があって、そこにドロドロに溶けたビニールを流し込むんです。その型を冷やしてパカッとあけると、たい焼きのように長靴が出来てる!!っていうのがインジェクション製法です。「え?じゃあ、普通の長靴は??」っていうお客様、普通の長靴は「靴底」だけ型で作り、ボディはゴムの平たい板を筒に合わせてカッティング・ボンドで貼り付けしていくんです。どうです??全然違うでしょ?? インジェクション製法の良いところは・・・、 【これがお勧め!インジェクションのイイところ】 ■寿命アップ・・・インジェクション製法の多くはゴムではなくビニールを使いますがこのビニールの特性は「耐久性に優れている」という点。また油や薬剤にも強く、ゴムの何倍も長持ちする事が科学的にも実証されています。 ■継ぎ目が無い・・・継ぎ目が無いっていうことは、剥がれないっていう事であり、剥がれないっていうことは、長靴の天敵である「折りきれしない」というメリットがあります。また通常の長靴はほとんどを工員さんの技術力でカバーしているため、1足単位で「出来栄えにムラが出る」んですが、このインジェクション製法はまるで ハンコのように同品質の長靴を量産できる というメリットもあります。 ■低コスト・・・上記のように型さえ作ってしまえば割と簡単に量産でき、技術を要する工員さんもそんなに必要ありません。っていう事で人件費と作業コストが低くなるので、 価格をお安く提供できる というメリットもあります。 長さ(全長)は320mm、筒の太さは390mmと長靴にしてはちょっとタイトなデザイン。とはいえ、ちょっとオシャレな長靴はみなこれくらいのサイズスペックですね。幅はEEEといったところでしょうか?ちなみに日本企画の他の市販長靴はEEEEですから、ちょっと細く仕上げられているのが分かります。重さは片足レベルで740g、まぁこれも標準レベルではないかと思います。ちなみに当店のスターマリンは片足で2000g近くありますからそれと比べると羽みたいな軽さです(大袈裟)。 最後に実際に手にした私がこの長靴を履いてみました!! 身長:178cm、体重:71kg、ウエスト:82cm、普段履くスニーカーのサイズ:25.5cm(Nike26.5cm) の私が履いてみたところ・・・ 夏物靴下一枚で25.5cmでピッタリ、でも余裕をもって26.0cmでもいいかも と思いました!!いやぁ、今まで当店オリジナルの長靴ばかりを履いてきたので、久々「細身」といえる長靴を履きました。サイズは合っていますが、若干くるぶしの箇所が当たる感じはありますが、靴擦れには発展しないレベルです。きっと足が慣れる方が早いですね。 脱ぎ履きが手を使わないとちょっと難しいので私みたいな不精な人間はちょっと面倒に感じますが、それでも履いてみるととても足入れもよくて、なにより「歩きやすい」です。なるほど~、細身の長靴には歩きやすいというメリットもあるんですね~。 私と同じようにこの画像をみて真っ先にテンション上がったお客様には全員買ってほしい長靴です(笑)。現場に履いていったら間違いなく貴方がヒーローです!!全身ビニールなので、屋外作業全般に向いているほか、実は工場勤務の長靴にも向いています。レジャーのとき、お父さんがこれ履いて現れたら、きっとお子さんのヒーローになる事間違いなしです。従業員さん、同僚、先輩にクスッとしてもらえるとてもイイアイテムだと思います。 まぁ、こんな個性的なアイテムなので数量限定です(笑)。たとえ売れたとしてももう追加はかけないと思います。販売歴18年の私が言うのもなんですが、こういうのって「追うと止まる=売れたからっていって追加をかけると売れなくなる(苦笑)」ですよね。ですから、「売りたい」って強烈に思ったのと反面、売り切れたら潔く終了にしよう!と心に決めたヒーロー長靴です☆ AP BOOTS インジェクションレンジャーブーツ MOTO 3 正規品,高品質

'11 76Lubricants FOOTWEARコートタイプスニーカー 先芯無しタイプ No.76 NS091 最新作,人気

取り扱い先ハミューレ(株)価格3990円発売日発売中 ※上記画像は昨年モデルカラーです。 ■■■商品説明文■■■  2010年にリリースされたナナロクスノトレが絶好調なナナロクフットウェアシリーズですが、まだまだ寒い今日この頃、早くも”春”を意識したニューモデル、というかニューカラーがリリースされました!!  今回、リリースされたモデルは、通常の 先芯入り安全靴タイプではなく、先芯無しの一般スニーカータイプ。 「ナナロクスノトレ、カッコイイんだけど、安全靴じゃなくてイイんだよなぁ・・・」とナナロクフットウェアにず~と興味がありながらも、なんとなく躊躇されていたお客様、先芯無しならずっと気楽に履く事もお買い求めいただく事も出来るのではないかと思います。  見た目は、ぼてっとしていますが、昨今のブランドスニーカーのハデハデモデルや、ちょっと奇抜なデザインが苦手なお客様には、このモデルの落ち着いた雰囲気が◎というお客様も多いのでは??幅広のソールに甲高のアッパー、シューレースを組み合わせたこのような形を業界用語で コートタイプスニーカー と呼んでいます。「コートって上着の??」って違いますよ(笑)このコートの意味は「テニスコート」を意味します。つまり、この形状のスニーカーはもともとテニスをするために作られた形状のようです・・・。なるほど、そういわれると、確かに幅広のソールは、横移動を中心にプレーするテニスには都合が良さそう。甲高なアッパーも、カカトを浮かせ前傾姿勢で相手の球を待つスタイルにはストレスがなさそうで良いですね。それが現在は、一般のカジュアルスニーカーとしてすっかり定着しました。ナイキでいうと「コル○ッツ」、アディダスでいう「オー○スター」などがこの”コートスニーカー”のカテゴリに属します。  ボディは、一見、「本革??」と思えてしまいますが、正解は扱い易さに定評のある”PUレザー”という素材を使用。PUとは・・・、もう当店を長くご利用されているお客様なら分かりますよね?そうですPUとは「ポリウレタン」の略称であり、その特長は「伸縮性がある」「低温下でも硬くならない」、「油や汚れに強い」という作業用としてはまさに打ってつけの素材といえます。  インソール( 中敷 )も、もちろん標準装備。しかも平たいオマケみたいな中敷ではなく、しっかり実用性を見据えた カップインソール を内蔵しています。ポコポコした表面加工は、接地面積を減少し、ムレによる不快感を軽減、激しく動いても靴形状に自然に馴染むカップインソールが足のアソビも0に近づけます!!  靴底は、インソールとは逆の作用を目的に 地面との接地面積を大きくとるために土踏まずなどのくぼみは作らず、平たい形状で悪路でもグリップ力を確保するように成型されています!!  もちろん、安全靴同様、 耐油加工 なので、作業現場の少々な機械油や、グリースなどにも一定のグリップ力を発揮します。  昨年のリリース依頼、 安全靴と一緒に買うお客様が非常に多いこのアイテム 、「仕事用は安全靴、会社への行き帰りはスニーカー」らしく、しっかり使い分けているみたいです。  当店を日ごろからご利用いただいているお客様、またこのモデルを機に初めて当店を知ったというお客様、ナナロクフリークたるもの、 ON(シゴト)OFF(アソビ) の切り替えもしっかりナナロクで行なってこそ、真の ナナロクマスター と呼べますよね(笑)  最後に、作者である私が実際に履いてみました!! 身長:178cm、体重:61kg、普段履くスニーカーのサイズ:25.5cm の私が履いてみたところ・・・、ピッタリなのは 25.5cm でした!!つまり普段お召しになられているスニーカーさのサイズでピッタリです!!  今回は昨年モデルの2011年新色という事ですが、数量がそんなにありません。晴れた日なら、北海道以外のお客様なら、届いてすぐ履くことが可能だと思います。  ナナロク安全靴を普段ご利用いただいているメカニックのお客様、また安全靴を必要としないお仕事のお客様、またはオートバイに乗られるお客様、お勧めスタイルは、ほぼ当店でしか売っていないこの靴をジーンズやチノパンに合わせると、異常にカッコよく見えます☆ ご興味のあるお客様に「送料無料」にて配送させていただきます!! '11 76Lubricants FOOTWEARコートタイプスニーカー 先芯無しタイプ No.76 NS091 最新作,人気

国産長靴 第一ゴム ドライテクノ #23 2009 春夏作 長靴 最新作,人気

品番:#23 素材:ゴム 仕様:エアーサイクル構造   :ハニカム構造中敷 製造:日本(北海道小樽産) 【圧雪と坂の街「小樽」】  小樽といえば「運河」が有名ですが、私たち道民が持っている印象では「冬の小樽は大変」です。札幌並に降り積もる雪が”圧雪(踏み固められる)状態”に変化するのと、”市街地に坂が多く道が狭い”ので車で小樽を攻略するには、かなりの運転テクニックが必要です。  そんな小樽の地で、小樽市民の足を数十年守り抜いてきた第一ゴムのゴム長靴は、「寒くても硬くならず」「疲れを感じさせない軽さ」、「柔らかい靴底」が圧雪に食いつきます。ほとんどが手作業なので全国規模では販売されていない、まさに「知る人ぞ知る」長靴です。北海道はグルメだけが有名じゃありません。”こんなにイイモノがあるんだ!”と実感してもらえる一足です。 ■PICK-UP!! ■■■商品説明文■■■  当店が出店している「ヤフーショッピング」、実にたくさんの長靴が様々な価格・機能で販売されています。しかし、「お仕事用」として長靴を注意深く見てみると、莫大な品揃えに対して非常に「少ないな」と私は感じていました。  巷で販売されている長靴は「雨の日に履く」長靴であって、「雨の日に仕事する」長靴という事ではありません。単に雨の日に履く長靴であれば、着用時間は「外出時のみ」となるはずですから、単純に数十分、多く見ても1時間もあれば妥当な線ではないでしょうか?で、あれば当然その時間帯だけ雨をしのげれば良い訳ですから、価格の面でも当然「安い方が良い」という事になります。またデザイン面も流行のカラーリングや装飾を施し俗に言う「カッコイイ」デザインであれば、なおさらそれに越した事はありませんよね。  しかし、「雨の日に仕事する」という事を前提に長靴を選ぶと、上記のようなチェックポイント(価格やデザイン)では、結果的に失敗を引き起こしてしまう恐れがあります。  まず第一に考えなくてはならないのが、「履いている時間はちょっとではない」という事です。お仕事ですから雨の日も最低8時間は長靴を履いたままお仕事をされるのではないでしょうか?そうなると根本から考え直さなくてはなりません。「雨の日最低8時間に耐えうる長靴」を探さなくてはなりません。お仕事で着用しますので、当然「外出のみ」の場合よりも何倍も歩く歩数が変わります。また、「外出のみ」では長靴本体にも負担がかかりませんが、お仕事では「しゃがむ・屈む・走る」といった本体に大きな負担のかかる運動を繰り返します。俗に言う「安くてオシャレな長靴」は、製造時の段階でそのような用途を想定していないので、当然傷むのも早い訳です。  また、流行のカラーリングは、非常にハードな運動下の中で色あせや脱色を起こし、カッコイイと思えるのは買った数週間だけ・・・。という状態になり、カラフルなゴム板を張り合わせてとてもオシャレに仕上げている長靴は上記の長靴の屈曲運動に耐え切れず境目からの「剥がれ」や「折り切れ」の原因になります。当然、必要性の無い装飾はどんどん邪魔臭く感じてしまい取ってしまいたい衝動に駆られます。  当店がお客様にお伝えする長靴の最大のテーマは「お仕事をきちんとこなせる」長靴です。当店がオリジナル以外にオススメする長靴に国産に求める理由はただ一つ、「長持ちする」からです。作業服や他の作業用品は「カッコよさ重視」でお伝えしますが、長靴だけはカッコ良さを優先してしまうとお客様にその後ガッカリされてしまう結果を招くことを当店は実店舗の販売を通じて実感しています。  この冬(2009年)、こちらのメーカーさんの防寒長靴防寒フレッシュは、絶大なご好評をいただきました。この長靴も決して「安くは無い」長靴ですが、長持ちするので、長い目で見たときにいつか「買って良かったな」と実感していただけると、当店では自信をもってオススメしました。沢山のお客様にご支持をえることが出来たのは本当に嬉しく思い、また当店の考えに共感してくださったお客様にまたオススメの「夏用の長靴」をお伝えしようと思いました!!  当店でも間違いなく「高価格モデル」といえる当商品「ドライテクノ」は、正直デザインは・・・ですが、それに勝る機能性で当店実店舗「プロノ」でもな、なんと!20年ちかくも継続で販売されているまさに「生きた化石」の長靴です。  実店舗「プロノ」は当然お店ですから、「売れないと棚から消える」訳ですが、そんな弱肉強食環境の中で20年生き残り!!ハッキリ言ってありえない状態です。カラーリング・デザインも当時からほとんど変更無し!  その人気の原動力は・・・、「ポンプ」です。そうです、皆さんご存知の「シュコシュコ」ピストン運動を繰り返すと空気の圧力で水や空気が出る「ポンプ」です。それがこの「ドライテクノ」の最大の魅力です。普段から長靴を履いて仕事されているお客様は既に諦めているかもしない「ムレ(汗)」、その汗をポンプ機能で長靴の外へ放出するんです!!  「え?ポンプ?んじゃ、電池必要??」って思われそう(笑)ですが、電池は必要ありません。しかし電池が必要無い代わりに歩いてください!!歩けば歩くほど、ムレが軽減されていきます。  人間の歩く運動は、靴底にとっては地面に「着く・離れる」のいわば「ピストン運動」です。この長靴は靴底には沢山の「ミゾ」があり長靴内を「空気が通り抜ける」ように作られています。  長靴内で発生した「ムレ・汗」は、一度専用内蔵されている「ハニカム中敷」を通り、靴底へ降りていきます。この段階ですでに長靴のムレは軽減されているのですが、いかんせんムレの格納場所は靴底ですから、あっという間に収まり切らなくなります。  そこで歩く、または運動を繰り返す事により靴底にたまったムレた空気をピストン運動の圧力で一気に長靴の履き口の部分から放出します!!ですからフードに注目!!通常はビニールで作られるフードですが、この長靴はポリエステルの「メッシュ」で作られており通気性を抜群に飛躍させています。「長靴だから仕方が無い」と半ば諦めていた「ムレ対策」がこれでようやく実現します!まさに「仕事専用」で作られた!ッていう気がしませんか!!これが、20年近くも職人さんの雨の日を支え続けた長靴の正体です!!本当に「目からウロコ」ですよね!!  独自のポンプ構造を用いていますので、内臓されている中敷以外使用するのは「×」です。ましてや、内蔵中敷の上から通常の中敷を重ねてしまうと空気の「抜け」が非常に悪くなり、元来の「ムレる長靴」に逆戻りしてしまいます。  筒の太さはシャープな作りで外周で42cm、夏用の長靴としては一般的な太さではないでしょうか。全高はカカトから上部まで41cm(フード込み)ですから、夏用の長靴としては長い分類に入ると思います。また、靴の幅(ワイズ)は「EEE(3E)」を採用しています。  最後に気になる「耐久性(長持ち度)」ですが、当店品揃えの長靴の中ではダントツの耐久性を誇るアイテムの一つですが、残念ながら「何年持つ」とは言い切れません。ただしハッキリ言えるのは「カカトが擦り切れるまで履ける」、そして「1シーズンは確実に持つ」という事です。  今回は、基本色ネイビーの「スタンダードモデル」と、カラーリング・ステッカー処理を省き究極の「シンプル」を実現した「ブラックアウトモデル」の2タイプをご用意!私の個人的な感想では「なんにもついていない」ブラックアウトの仕様の方が、何故か価格相応に見えてしまいます。ただの真っ黒な長靴ですが、全体から滲み出るオーラはさすが、「いよっ!!国産!!」と思ってなりません・・・。 国産長靴 第一ゴム ドライテクノ #23 2009 春夏作 長靴 最新作,人気

Sun3San サンサンサン 全天候型防寒レインブーツ”ウインターガーデンブーツ ” S3S GB1404B 最新作,人気

→タウンユースはショート丈タイプ  →フロントレースもおススメ☆ 【アウトレット商品ご購入に関するお願い】 当店アウトレット商品ご購入をご検討されているお客様にお願いがございます。 当店の説明が足りておらず大変申し訳ござませんが、アウトレット商品にはそれぞれアウトレットになる理由があり、基本的に「販売継続が難しくなった」商品が対象となります。 現在、お届けの際、「サイズが合わないから交換して欲しい」「画像と色が違うので返品したい」というお声が少なからず発生しております。 非常に申し訳ありませんが、アウトレット商品に関しては原則「交換不可」「ご返品不可」とさせていただいております。 それ故、価格がお安く・アウトレット商品となっておりますので、どうかご理解いただけましたら幸いです。 ただし、下記「お届けの際の明らかな製造不良」に関しましては、別途ご返品をお受けいたしますので当店までお手数ですがご一報いただけましたら幸いです。 それでは、今後とも当店アウトレット商品をお楽しみいただけましたら幸いです。 【返品対象の商品(製造時の致命的不良)リスト】 (1)その物本来の役割を果たさない。(例:カッパなのに滲みる。長靴なのに破れている。) (2)明らかに画像と全く違う商品が届いた。 (3)デザイン上の荒さや仕上がりの悪さは画像に表示、それ以外の表面上製造欠陥が見受けられる。 【ページ製作者が語る商品の魅力!!】 どんどん寒くなっていく北海道、今年は2012年とは異なりしっかり「秋だな~」と感じる時期はあったのですが、そう思ったのも束の間「あッ!!」という間に「冬」を感じてしまう毎日を過ごしております・・・。もうすっかり朝晩のストーブはかかせません。。。先日、東京へ行って来た(11/1)ですが、北海道とはまるで違う気温差に夏以上に驚きましたね・・・、夏場では札幌でも30度を越えることがあり暑さに対してかなり耐性がついてきたと思いますが、やっぱり寒さとなると東京はまだまだ暖かく感じましたね☆ さて、そんなこんなでもう放っておいても近々雪が降り始める北海道、早めに防寒長靴が欲しいところですがまだ巷でも防寒長靴がそろっているところって少ないのでは??当店も例外なくその流れを汲んでおり、今年の防寒長靴の入荷は全体的に「後ろ倒し」になりそうですね。 「なんで欲しい時に無いのさ~。困るんだけど・・・」とおっしゃるお客様、全く以ってその通りなんですがこうなたにはいくつかの原因があり、その中でも大きかったのは「昨年は全国的に気温が高すぎて”秋”と呼べる期間が短かった」んです。これが読点を初めとする販売店・メーカーの頭の中を駆け巡り、「悪夢」としてよみがえり、結果的に例年よりも少ない数量、遅めの投入時期に切り替えてしまいました・・・。 しかぁぁし!!今年の秋はごく「普通」にやってきてしまいましたから、販売店さんよりもお客様の方が先に「秋冬物買わなきゃスイッチ」が入ってしまったんですね(泣)。せっかく欲しいのに、何も無いや・・・っていうのはまさにお客様の「買わなきゃスイッチがONになり、販売店のスイッチはまだ入っていない」からですね。そんな中でも、シーズン途中で状況を判断し、今回早めに入荷させた商品が本日、ご紹介する防寒長靴です☆ この春、大人気だったガーデンブーツに待望の防寒ver.が入荷! したんです☆いやぁ、嬉しい情報ですね~。ガーデンブーツといえば親戚関係にある「ファームブーツ」の機能性向上版。ファームブーツは作業に特化したつくりでシンプルさがウリなんですが、ご購入いただきましたお客様よりたくさんのご要望を頂きました。そのご要望をファームブーツで実現するよりも「お仕事特化用」「ちょっとタウンユース・カジュアル向き」の2型があっても良いのではないかという話になり、ガーデンブーツが誕生したわけです。そして今回、既に終了になっているガーデンブーツの裏生地を変更したモデルが防寒用として再登場したわけですから、既存のガーデンブーツのリピーターさんはもちろんの事、ファームブーツではちょっと物足りなさを感じていたお客様にもご満足いただけるスペックですから、この冬注目の長靴である事は間違いありません!! 【今までクリアできていなかった課題をクリアした新しいコンセプトの作業用長靴】 ■足が疲れるんだよな~・・・当店で年中大人気の長靴がもう皆さんご存知の「ファームブーツ」です。このファームブーツ、元々のコンセプトは「田植長(たうえなが)」といって田植えの作業時に履く専用の長靴なんです。ただ田植え長、「見た目が暗くてデザイン性が低い」、「ゴムにコシがなくて脱ぐと倒れてしまう」、「もう何年もモデルチェンジが行われていない」等のデメリットもたくさんあったんです。他社さんで作る予定もなさそうなんで、当店がその問題を解決するためにファームブーツを企画・製造したんです。「見た目が良くて、長靴というよりはレインブーツ」、「ゴムにコシがあり、脱いでもきちんと自立する」、「毎年新色が登場し、新鮮さを失わない」など、当初田植え長が抱えていた問題はすっきり解決したはずでした!!  もちろん、今までにない田植長に多くのお客様にも喜んでいただきこれで終わる(ハズ)でした・・・。ところがあまりにもデザイン性が良すぎて、ファームブーツの活躍の場が 畑・田んぼから、タウンユース(街用)にまで進出 してしまったんです。これには、当初から予定に含まれていなかったので、当店も驚きました。  ファームブーツの靴底は、ぬかるみに対してグリップ力を発揮する「波底」を採用して、バランスを崩しやすい「カカト」は最初からつける予定はありませんでした。ところが、活躍の場が街になってしまうと、ぬかるんだ地面なんてそうそうありません。あるのは硬いアスファルトです。この硬いアスファルトをカカトの無い長靴で長時間歩くと、体の重心が「後ろに傾くのを、前に傾かせようと体が踏ん張る」ので、大変疲れてしまうんです。そこで、 当モデルには、アスファルトにも対抗できるようにカカトをつけえて体の重心を前に傾かせるつくりに変更、また畑作業でもむかるんだ地面に対しグリップ力と泥放れの良さを発揮するために波底を採用 して、畑用・街用、どちらのニーズにもお応えできる靴底に進化しました!! ■足が入らない・・・これはファームブーツ企画の際もともと「余り考慮されていなかった部分」であり、「改善すべき点」でした。実はファームブーツの決定的な”欠点”とも呼べる部分が「筒が細い」事なんです。気がつけば良かったのですが、私(作者)が試着した際、既に私でキツキツでした。。。発売後、ファームブーツが返品として戻ってくる一番の理由が現在も 筒が細くて入らない なんです。そこで当商品を企画の際、 筒をもっと太くしよう!! というコンセプトで立ち上げました。この長靴に必要な適切な筒の太さを何度も試し、サンプリングしましたが最終的に 400mmだったファームブーツの筒の太さ(履き口)を435mmまで拡張 しました!!「履き口で3.5cmなんてたいしたことないじゃん」って思えそうなんですが、履き口で3.5cmということは、そこに至るまでの筒の太さもかなり太くなるんです。これなら多少、立派なふくらはぎをされている男性のお客様でも履くことが可能だと思います。 ■もうちょっとアソビ心が・・・ファームブーツもかなり人気でしたが、ある一部のお客さまより「もうちょっとデザインにアソビ心があってもイイかも」とのアドバイスをいただき、当モデルに反映しました!!最近、勢いのある「ビーンブーツ」のアッパーを模し、ボディからつま先に向けてラインが走るデザインにいたしました。これならボトムの裾を覆うと、まるでつま先だけでは「ビーンブーツ」に見えるほどスタイリッシュな姿に進化いたしました。 ■こう見えても重い・・・ファームブーツって見た目は明るくてデザインもシンプルなんですが、実は700gくらい重量があり時々、ご購入いただいたお客さまより「ちょっと重いかな・・・(苦笑)」とご苦言を頂くことも・・・。そこで当モデルは徹底的に重さの原因となる仕様を見直し、 ロング丈モデルで630g(Sサイズ)の重量、およそ120gの減量に成功しました☆ これで、か弱く・可愛い畑美人やお子様でも一日中履けるモデルになりました!! 【ガーデンブーツ・サイドベルト】 言ってみれば「ファームブーツ」の当モデル版。例えばファームブーツで「筒が細く感じる」とか、「重く感じる」というお客さまはサイズを変えずに当モデルをお選びいただけると、きっとお悩みは解消されます。全長はファームブーツと同じ400mm、たっぷりとした全長で畑や田んぼ、一般作業場でも充分こなせる長靴に仕上がっています。 【ガーデンブーツ・フロントレース】 ファームブーツでもシリーズ展開された際、モデルにあったフロントレース仕様。この手のモデルはヒモでの調節が「フェイク(偽物)」であることが多いんですが、当モデルはきちんと調節機能として機能しています。その他の仕様はサイドベルトと同様です。 【ショート丈・ガーデンブーツ】 ファームブーツシリーズでも展開されているショート丈のガーデンブーツ。全長が250mmでカットされた当モデルはぬかるみが深いところでは着用が難しいが、タウンユースではかえってロングよりも良いパフォーマンスを発揮します。丈が短く機動力が高いので、走ったりすることも可能です。  手にとって触ってみた印象はファームブーツと酷似していますが、なんていうんでしょう 感覚的な話ですが、ガーデンブーツの方がゴム質がしっとりしていて柔らかい 印象を受けました。それとこのデザイン性、やっぱり見た目のこだわりも必要だなと感じます。このラインがあるかないかで随分長靴の表情も変わるんだなと再認識。カカトもしっかりとしていて接地面積が大きくなるように工夫されています。 ちなみに靴底とカカトのつなぎ目に糸が出ているのは不良ではありません。これは靴底の製法上必要な処理の一つで、これが原因で浸水の原因にはなりませんのでご安心ください☆ 最後に、作者である私が実際にこの長靴を履いてみました!! 身長:178cm、ウエスト:82cm、体重:62kg、普段履くスニーカーのサイズ:25.5cm(ナイキ:26.5cm) の私が履いてみたところ・・・Mサイズでピッタリでした!!靴下は普通のミドル丈ソックスでした。この靴の魅力は何と言ってもフィット感ですから、ジャストサイズで履いていただきたい長靴です。気になるサイズ構成は 女性やお子様も安心なSSサイズ(23.0cm)から3L(28.0cm相当)までご家族みんなで楽しめるサイズ構成 になっています。この夏、ひょっとするとファームブーツの「絶対王座」が揺らぐかもしれないダークホースの出現に今からドキドキしている私です。 Sun3San サンサンサン 全天候型防寒レインブーツ”ウインターガーデンブーツ ” S3S GB1404B 最新作,人気